« 2015年3月 | トップページ | 2015年5月 »

2015年4月

2015年4月20日 (月)

夜のしじまへ

明るすぎるお日さまに

追い立てられて

駆けだす一日に

人も小鳥も動物も

全てのものが歩き出す

ゆっくりと そして だんだんと・・

そして

お腹をすかして一息つく頃に

お日さまは頭の上で笑っている

ちょっと膨らんだお腹とぼんやりした頭に

エンジンをかけなおして

ちょっと加速をつけてみる

ゆっくりと そして だんだんと・・

いろんな音、 色、香り が

風に乗って走りぬける

今日という一日が

明日・・を感じるころ

お日さまが沈みかけた

一日のご褒美のようなオレンジ色の夕焼けに

ほっとつきながら

あともう少しの一日を仕舞い始める

ゆっくりと そして だんだんと・・

そして

お日さまはすっかり落ちて

一日は幕を閉じる

人も小鳥も動物も

全てのものが暗闇に羽を降ろし

眠りの淵に落ちていく

ゆっくりと そしてだんだんと・・

夜のしじまの深みへと

GOOD NIGHT~☆

2015年4月15日 (水)

月下美人に会う

ある日の夜

お庭に出てみると

大きな水色の月下美人が咲き誇っていた

そのひと時に出会えて嬉しい

大きな秘密をひめたようなそのお花は

見えない未来を咲き誇るように煌いていた

もしかしたら

今というときを感じるために

明日の夢を見るために咲くお花なのかもしれない

※お庭のインターポットの月下美人が咲いていたので

 単純に想像力で書いてみました^^

 本物のお花みてみたいなぁ

2015年4月12日 (日)

季節は廻れど・・

今年のさくらは

気がつけば あっ・・という間に過ぎてしまった

今日という日は 冷たい雨混じりの風の中で  葉桜が揺れている

街路樹のはなみづきは モンシロチョウの花のように

でも 朴念仁のように上を向いている

ガレージのモッコウ薔薇は黄色の蕾が膨らんできた

開ききらないこの小花は なんだか忙しない

季節は動きつつ

でも まだまだ 肌寒い風が ツンとしてる

もう 暦どおりには いかない季節に

どこかしら 不安を胸に

明日のために目を閉じる

おやすみ・・ 今日という一日よ

2015年4月 9日 (木)

明日

いくつもの明日があるとしたら

明日が少しは楽しくなるかもしれない

たったひとつの暗闇に囚われてしまったら

足は踏み出せないものだ

いくつもの明日のひとつは 春風が頬を撫でてくれるかもしれない

いくつもの明日のひとつは強い風が吹いているかもしれない

それでも 時に風は止まり

陽だまりの中にいることもあるだろう

明日をいく 勇気がでないときは

じっとしていればいい

いくつもの明日はあなたを待って微笑んでいる

歩き始めのあかちゃんを見守るように

 いつでも 手を差し伸べて 待っていてくれる

2015年4月 3日 (金)

想うこと

生きる・・ってむづかしい

自分のことが自分で出来..

生活できる・・ということは シアワセである

歳を重ねると 今まで当たり前に出来ていたことが 

むづかしくなる・・あるいは速度が遅くなる

仕方がないことだ(両親を身近に見ているとそう 思う)

それでも 誰かに頼れる 任せられる人は幸せ?だ

自分ひとりの人は自分で何もかもこなさなければならない

でも その事 事態が生きている アルイハ 生かされている証しなのだろう

立派だと 思う 

私は出来るかな?と思う

とても出来ないように思う

今を生きることだけしか 出来ない始末だ

今が まいにち更新され 明るい明日であればいいくらいだ

もう少し 現実的な近未来を考えなければいけないのかもしれない・・

そんなことを ふと 思うこの頃である^^

« 2015年3月 | トップページ | 2015年5月 »