« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »

2013年9月

2013年9月17日 (火)

空
空

月餅              サライより

旧暦の8月15日は「中秋の名月」である。

今年9月は19日がその日にあたる。

一年で最も月が美しいといわれるが、「花より団子」ならぬ「月より団子」、

「月見団子」のことも忘れてはならない。

古くから団子をを供える慣わしがあったのは、秋に農作物が無事に実り、

収穫できるということへの感謝の意味を込めてのこと。

「芋名月」と呼ばれることもある。

空を見上げて月を愛でるのは日本人ばかりではない。というのも、もともと この行事は中国の

節句のひとつ、「中秋節」が伝わったものだからである。

今から約1000年ほどまえの宋代に観月が盛んになったといわれている。

日本と同じく、中国にもこの節句に欠かせない食べ物がある。

ラードで練った小麦粉の生地に、豆に松の実や蓮の実などを詰め、型で成形して美しく焼き

あげた「月餅」だ。菓子の名に「月」を冠しているのはこのような理由があったのだ。

かつての明の皇帝、朱元璋(しゅげんしょう1328-1398)は中秋節に月餅の中に挙兵の

密書を隠し勝利、を得たという逸話伝えられている。

現代の中国においては、月餅はお中元のような役割を果たしている。

世話になっている相手に贈る他、親しい人同士でも互いに贈りあう。

2013年9月16日 (月)

想いのまま・・

✩✩✩形なきもの・・

形なきものは

とても 尊いものだけど

形なきものは

とても頼りなく

そして とても 強い

形なきものは

とても 愛おしく

形なきものは

あなたの心の中で 生きている

遠くて 近い 大切なものである

☆彡☆彡☆彡ノスタルジー

省みる自分の影を問うてみる

懐かしい子供の頃の思い出は

牛乳瓶の底のレンズを覗いたような

ちょっと分厚いちょっと曇った

ミルクで編んだ目の粗い紗のようだ

ノスタルジックなちょっと乳くさい

そんな想い出

弾む歌声 膝っこぞうの赤チンキ

小いさなナイチンゲールになって

間違えた正義感を振りかざしてたのかもしれない

小箱にしまった時のキラメキ

そんな 昔があったのも

忘れてた

長い 長い道のりを

時にはゆっくりと歩いて

時には弾けてスキップをした

時には 穴に落ちて

もう 戻れないかと地団駄を踏んだ

人生は七転八倒

今 再び

輝いているキラメキは

眩しいほどの光ではなく

優しいけれど

時に 容赦なく厳しく

そして柔らかい

それでも 歩みを止めないで

内なるものを聞きながら

時に冷たい風をかわして行こう

目の前に続くその道の

少し前を まっすぐ じっと見つめて

« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »