« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »

2013年3月

2013年3月19日 (火)

 春のある日

☆彡☆

キラキラ

春の日射しが降り注ぐ

眩しすぎる光が

透かしてしまう心

ちょっと照れて

頬を桃色に染める

何の芽が出てくるの?

何の種をまこうか?

はじまりの春

こころも軽くなる

風もそよぐ

序章は

ゆっくりゆっくり アンダンテ♬

固い蕾がほころんでくる

そして第一章

天から高らかに鳴り響くシンフォニー♬

水色の風もすこし暖かくなる

時々いたずらに強風~

髪が乱れてしまう

春はスキップをして

つまづいてしまう

旅立ちの詩  (いっぽ を 踏み出す君へ)

昨日までの自分を  

小さな鞄につめこんで

今日 私は 旅立つ

行き先は わからない

希望という道を 

一歩 踏み出してみる

それは 苦難の道かもしれない

でも 心は軽い

足どりも軽いのだ

それは 未来は創られるものだから

一歩づつ いけばいいのだ

あせることはない

時は まだまだ・・

未来はつづくのだ

2013年3月 2日 (土)

春 

  空を仰ぐ

  冷たい空気がシャンとする

  青が冴えている

  全てを飲み込む天のもと

  冷たい冬の下に

  陽気が動いている

  春も  もう近い

  春は希望あり 

  霞む春は 迷う時でもある

  大きな夢に押しつぶされないように

  大きな波に飲み込まれないように

  呼吸を整えて

  一歩進む

  そして

  一歩進む

  それで いいと思う

  春の光に浮かれる季節

  桜の花が 儚いときを 咲き誇る

  皆 胸 踊らせ

  皆 夢をみる

  

« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »