« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

2012年9月

2012年9月30日 (日)

先日(このまえの水曜日)私は日帰りバス旅行で東京スカイツリー&浅草散歩に行ってき

ました。

ホントにお天気にも恵まれとってもラッキーでした。

ほとんど下調べもしないうちに一緒に参加してくれたお友達がかなりチェックしてあったよ

うで「もう行って来た気分」と言ってましたから・・私は彼女にひたすら付いてこうと決めてま

した。

あれこれ~~ありましたが・・ここはざっくりと感想などしるしておこ~と思います。

まず、でっか~~い!そして、ガラス張りの展望台から下を見てみると

足がすくむ思いでした。高所恐怖症なのかな・・なんて思いましたね。怖いです。

360度見渡すとビルビルビルの都会の景色が・・それから隅田川や荒川?何本も通って

いる川の景色・・遠くに見えるかすんだ山の景色

それから下へ下へ お土産をいろいろ購入しました。

ユーハイムででているスカイツリーのバームクーヘン。

資生堂パーラーでだしているチョコクランチのお菓子・・などなど。

自分にもスカイツリーの可愛いストラップを。

それからソラまちにはムーミンカフェというムーミングッズやムーミンメニューのある

カフェがありました。残念ながらお茶できませんでしたが・・

にょろにょろの形のドーナッツなど面白いとおもいました。

それからにょろにょろのパスタつかみも・・

欲しかったけどいっぱい買いすぎちゃいそうなので今回はパス。

そうそう、展望台に上る時間に合わせて始めは浅草をお散歩したのです。

浅草寺や仲見世界隈・・それからお昼は路地を入ったとこにある旅館で経営しているらし

い10割蕎麦のお店・・ここで1200円也のミニ天丼セットを食べました。

美味しかった~~大きな天丼を食べさせるとこやすき焼きやさんなど老舗もあったけど

行きのサービスエリアで新メニューのお餅をプレスしたものにアイスと黒蜜きなこをかけた

デザートをいただいていたのでお腹に優しいリーズナブルなものにしました。

そんなわけで浅草からスカイツリーへ移動時間になりました。

そうそう ブログの先輩海tonさんに灯篭祭りをやってるよって教えていただいたので

ちゃんと見てきました。現代風刺の楽しい作品や和歌など・・はたまた、可愛い小学生が

作った作品が並んでました。

鎌倉の雪洞祭り・・やっぱりスケールがおおきいそうだし・・って改めて思いました。

それから うろうろと・・歩いていると かの神谷バーの前をとおり・・

対して飲めないくせに記念に40度という電気ブランを購入。

あ~ここでオムライスでも・・洋食をいただけばよかったかな・・なんて思いながら

足早にスカイツリーへ向かうバスに乗り込んだのでした。

それでは・・気が向いたら続きを書くことにします。

そんなネタがないいんですけどね・・

本日はここまで・・久々の記事でございました(^^ゞ

スカイツリーに行ってきました

スカイツリーに行ってきました
スカイツリーに行ってきました
スカイツリーに行ってきました

スカイツリーに行ってきました

スカイツリーに行ってきました
スカイツリーに行ってきました

月を詠む

今宵は本当ならまん丸の十五夜お月さまを観れるはずでしたが

外は大きな風が吹き荒れて 胸騒ぎがするような音をたてながら

私はといえば、台風が通過するのを じっと まっているのみです。

それでは十五夜は観れなかったけど

まだまだ 秋の名月を観る機会はあると思いますので

「月」を詠んだ和歌を列記しておきます。

●めぐりあひて見しやそれともわかぬ間に雲かくれにし夜半の月かな

                                      紫式部

●東(ひむがし)の野に炎(かぎろひ)の立つ見えてかへり見すれば月傾(かたぶ)きぬ

                                      柿本人麻呂

●つきよみのひかりをまちてかへりませやまぢはくりのいがのしげきに

                                      良寛

●菜の花や月は東に日は西に    与謝蕪村

●久方の月の桂も秋はなほもみぢすればや照りまさるらむ 壬生忠岑

●山端(やまのは)にかくるる月をながむればわれも心のにしにいるかな  西行

●天の海に月の船浮け桂かじかけて漕ぐ見ゆ月人壮子(おとこ) 万葉集

●三日月の地はおぼろ也蕎麦の花   松尾芭蕉 

●江戸川の月待宵の芒船(すすきふね) 小林一茶

●をりふし秋の月は下のゆみはりなり  平家物語

●水の面(おも)に照る月波を数ふれば今宵ぞ秋のもなかなりける 源順(みなもとのしたごう)

                            

2012年9月22日 (土)

月を待つ 

今朝は肌寒く、日中の暑さを忘れさせるほど 秋が来かと・・感じます。ちょっとおおげさ・・

草花はもちろん、空や雲・・みんな夏の後ろ姿を感じつつ 少しずつ秋へと移行していま

す。

気温も四季を感じるのに大事な要素だなって・・たとえばお月さまなどは遠くにあって

肉眼では直接的に季節を感じにくいものだけど周りを囲む風景だったり・・

こういう肌寒いなんて感じがお月さまの光により沁みいるような暖かさを感じるのかもし

れません。

今日は久しぶりに サライからの文章をピックアップしました。

単純なものですが・・

月は地球の衛星で直径が地球の4分野1、質量は約80分の1です。

月は自転しながら約1カ月で地球を1周しています。

地球・月・太陽の位置関係によって、地球から見た月は満ち欠けを繰り返しています。

その満ち欠けの具合によって、日本人は月に多用な呼称を与えてきました。

たとえば、「新月」。これは、地球と太陽の間に月が位置した時の呼び名で、地球からは真っ

暗にしか見えません。

また、よく知られている「三日月」は鎌のように見える細い月で、陰暦の毎月3日に見えま

す。

「新月」から「満月」になる間の半月を「上弦」といいます。

弓の弦のような形からその名が付きました。

その他の呼称を挙げてみます。

「立待月」・・・陰暦17日頃の月で、日没後、立って待っているうちに月が昇ることから

そう呼ばれています。

「更待月ふけまちづき」・・・夜が更ける頃(22時ごろ)に昇る月で「二十日月はつかづき」

と呼ばれたり、亥の刻(22時)に昇るため「亥中いなか」などど呼ばれたりもします。

その呼称を探るだけでも、月の魅力はつきません。    」

2012年9月18日 (火)

メモ  ★いろいろ

いく道

くる道

まよい道

あなたの心の歩く道

歩いて 歩いて

みわたせば 

また来たところに立っている

あなたの不安を包みこむ

夜のベールになりたいな

昼間の光と喧騒を

おおきく包んでしまいましょ

飛べない小鳥は

籠の中

小さなお空を仰いでる

私も

また

じっとして

お空の向こうを

想ってる

2012年9月 6日 (木)

百合の花

百合の花
百合の花

百合のお花です。
カサブランカより一回り小さい シベリアと 言うそうです。
全く同じお花ではないけど今 描いてます。
気がのらないとほっとからしなので
もう三回も百合のお花買いました。
まだ 未完成
昨日は るろうに剣心 行ってきました。
なかなか良い作品でしたよ。
佐藤健くんがダンスが上手なだけあって 軽快な身のこなし かっこ良かったです。
とぼけた口調と内に秘めた想いと
それからたくさんのサツジンシ−ンがあるにも かかわらず
清々しい感じの残る映画でした。
流浪人さんに あいたいな〜

« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »