« 七夕祭り | トップページ | 土用の丑のひつまぶし(サライより) »

2012年7月16日 (月)

或る日に (夏の入り口に・・)

時折 激しく降る雨は

スコールみたいに怒ってる

色も音もかき消して

こころの中をかき乱す

☂ ☂ ☂ ☂ ☂

ようやく晴れた次の日に

湿った空気が張り付いて

少し体を重くする

暑い熱い夏が来た

艶やかに雨の日を彩っていた紫陽花も

強い日差しに疲れ果て

夜明け少し前の都会の残骸みたいに

色彩を失ってます

渇いた季節は心まで渇いて

人は 何か迷います

お昼寝から目覚めたときの子供みたいに

ひとり 取り残されたように

渕に落ち

じっと体と心が目覚めるのを待っているのです

歩いてきた道

歩いている道 振り返り

長い長い上り坂

遠くで陽炎が揺れています

幻想?

少し落ちて

また 我に返りゆくのです

何処へ

今までどうして歩いてきたのか

・・・

そう

そんなことより

今 と これからが大切だと思うのです

これまでがいくら輝いていても

これまでがどんな痛い想いであったとしても

誇ることはないのです

恥じることはないのです

自分を許してあげようよ

自分を放ってあげようよ

やっぱり 時は流れているんです

少しずつでいいから

いっぽ いっぽ

今日を生きていく

そして明日を生きていく

欲ばらないで 少しずつ

希望を失わないで 

いっぽ いっぽ

心の中の太陽を

失くさなければ

ポコ ア ポコ

これからだって輝ける

欲ばらないでいきましょう

ほんの少しの

陽だまりで

優しい時間を過ごしましょう

« 七夕祭り | トップページ | 土用の丑のひつまぶし(サライより) »

コメント

「ひたかく ねむりたりて なおおくるにものうし」白居易

日が昇ったって眠りたい時は眠りたい、
自分に無理なく生きる生き方もあるよ-なんて、

あの白居易(白楽天)でも思った。

それはある時、挫折を味わったから。

「月はボク等よりずっと年だけど、輝いているじゃない。」

海ton様

こんばんは。

海tonさんのお言葉・・しみじみと・・

歩いては振り返り・・省みる事は大事だけど、やっぱり
前に進んでいく。
立ち止まったり、遠回りしたり 今来た道よりも
まだまだ いろんな想いが待ってるのかもしれません。
能天気な私なので落ち込む事はすくないのですが・・
やっぱり 後悔することだってあります。
痛い経験も自分にも教訓になることもあるし
人にも優しくなれる気がします。
お月さまもお日様も・・ホント平等¿に照らしている(最近はそうでもないかな・・)し、経験豊かなお月さまもお日様もみ~んなお見通し・・かもしれないですね。
白楽天・・をはじめ 昔の方は偉かったですね~(*^_^*)

水色の風さん (p≧w≦q)オッ☆ o(≧▽≦)o ハァァァァァァ♪
梅雨も明けていよいよ本格的な夏に突入ですね
梅雨の似合う紫陽花から、太陽がよく似合う向日葵へ主役も交代の時期ですね。
日影が嬉しい季節dもありますが、外出時は熱中症に気をつけましょうね。

kazu様

こんにちは
梅雨明けましたね~
暑~~い(^^ゞ
そうですね・・熱中症 
お部屋の中でも結構起こりえるんですよね!
水分とって 汗かいて・・の繰り返しですけど・・
夏の空も 雲もどこか 空虚に感じる時があります
いい風がす~っとくると 気持ちいいです
kazuさんもお体大切に・・(*^_^*)

水色の風さん、おはようございます。

>夏の空も 雲もどこか 空虚に感じる時があります

・空が青すぎて寂しい。
という時ありますね。

 夏の空 おいてきぼりっく 雲もどこかに/海ton

ありますよこういう時。
今はそんなこと思ってるひまないけどね。

まつすぐな道でさみしい。分け入つても分け入つても青い山。
すべつてころんで山がひつそり。また見ることもない山が遠ざかる。
あるけばかつこういそげばかつこう。酔うてこほろぎと寝ていたよ。
種田山頭火『草木塔』ひさしぶりに掃く垣根の花が咲いてゐる。

人はみな寂しいときがある/海ton 

海ton様

おはようございます。
山頭火・・いいですね
悲運な境遇にあったようですが 
あちこち行脚して いろんな空にあったんでしょうね
飾ってない言葉の中に奥が深い想いを感じます
今日も暑くなりそうです
熱中症にならないように
気持ちも散漫にならないように・・と思います
6月は絵、7月の七夕準備と何かと忙しかったので少しほっとしてます
今日も良い一日になりますように(*^_^*)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 或る日に (夏の入り口に・・):

« 七夕祭り | トップページ | 土用の丑のひつまぶし(サライより) »