« 風はまた・・ | トップページ | はやく目覚め過ぎた日に・・(つらつらと) »

2012年2月23日 (木)

梅一輪・・(サライより)

昨日、2月22日は ニャン ニャン ニャンで ネコちゃんの日だったようです。

& おでんの日だとか・・

本日、2月23日は富士山の日なのです。

あいにく昨夜から雨が降り出し、本日の午前中までかなり大きな雨になりました。

しかし、午後から、雨が上がって、帰りには、はにかんだ新婦さんがかぶる花嫁衣装の綿

帽子をかぶったような真っ白なほんわりした純白の富士山を見る事が出来まし

た。

よかった~富士山の日ですから・・

富士山といえば、世界遺産登録ができるかどうか・・とか、爆発するんじゃないかとか・・

静岡では事業仕訳で富士山の日にこれだけお金をかけるべきか・・とか・・いろいろあり

ます。四季折々の富士山をいろんな角度からお写真撮るマニアの方もいたり

富士山を題材にした百人一首もありますね。

数ある短歌の中から、私の独断と偏見で3つほどここに記します。

田子の浦 うちゆ出でてみれば真白にそ 不二の高嶺に雪は降りける  山部赤人

いつとなく心空なるわが恋や 富士の高嶺にかかるしら雲    相模

砂浜を歩きながらの口づけを午後五時半の富士が見ている   俵 万智

●「梅一輪 一輪ほどのあたたかさ」 サライより

「梅一輪 一輪ほどのあたたかさ」 嵐雪(らんせつ)の俳句があるように百花に先駆けて

春を告げる梅。

凍える寒さの中で見つける一輪の梅の花は、そこに明りが灯ったように温かくも感じられる

ものです。

梅は奈良時代以前に中国から薬木として伝わったとされています。

梅という日本語の語源は諸説があるようですが、外来語の「鳥梅(うばい)」が「うめ」に

転じたという説、中国語の梅を意味する「メー」に、日本語の接頭語「ウ」がついて、「ウメ」に

なったという説が有力です。平安時代に広く普及し、江戸時代には品種改良がおこなわれ

ました。

実も花も楽しむ梅の品種は、現在、300以上といいます。実梅では「南高」が有名

ですね。花梅では極小・早咲きの「初雁」などは1月が、八重の遅咲き「紅南所無」などは

3月が見頃です。桜のように一斉に花開くことはなく、ぽつぽつと一輪ずつ咲くので、多品

種が長期間楽しめるわけです。

梅の名所は全国に数多くありますが、人家の庭先でふくいと香る梅を見つけることも楽し

いものです。            「サライ」より

« 風はまた・・ | トップページ | はやく目覚め過ぎた日に・・(つらつらと) »

コメント

2月22日、ネコの日。知らなかった。
2月23日は富士山の日。そうですか。

>静岡では事業仕訳で富士山の日にこれだけお金をかけるべきか・・とか・・いろいろあります。

・富士市は小学校が休みになるとか?-聞いたような。。

あっそうなんだ、俵 万智も、富士山を擬人化してたんだ。
「しかし、富士山がそこまでねぇ^^>詩人ですねぇ」

今年の梅まつり、思惑通りいかなくて、
関係者はやきもきしてるんでしょうね。

満開の梅林散策もいいな^^/

こんにちは。
今日は春の陽気で少し動くと暑い気がします。マフラーはずしたくなります。梅はやっぱり遅れていて
海tonさんはいろんなとこを散策なさっていて季節を感じながら過ごしていらっしゃるから何よりです。
猫の日は私も知らなかった…ココログでもアバターで猫かぶっている方がすごく増えてるからやっぱり猫派の方多いんでしょうね…ワンコは絶やしたことがないくらいずっと飼ってきたけど猫ちゃんはお隣の猫ちゃんに合うくらいです。
話がそれました。
小田原の梅園、熱海も有名ですね。そのうちには、桜も…お花見忙しくなりそうですね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 梅一輪・・(サライより):

« 風はまた・・ | トップページ | はやく目覚め過ぎた日に・・(つらつらと) »