« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

2011年6月

2011年6月30日 (木)

夏越しの祓い 6月30日

知らずに犯していた罪を清める禊、また、無病息災を祈る行事。

六月の晦日に行われる。

境内に茅の輪(茅は野辺に自生する丈夫な地下茎を持ったイネ科の多年草)を吊るし

人々が和をくぐりながら、

「みな月の なごしのはらへする人は ちとせの命 のぶといふなり」

と古歌を唱え身体を清める。

茅の輪はその後部を先に蛇の形にして川へ流す。

又、人形や形代の撫で物を作り、それに触れた後、神社におさめるなど地方によってさまざ

まなお祓いが。

「なごし」は、「和」(神慮を和らげる)からとも。

私の地域では「輪くぐりさん」とも言います。

*一年のちょうど半分、折り返し地点・・・

 自分を省みるのには、調度いい時期かもしれません。

 私も、反省することが多々ありますが・・良いことでも、悪いことでも自分本位ではいけな

 いなって思います。

 もちろん、大切にしているものを壊そうなんて、思ってませんから

 自分の想い違いであったり、自分の目が間違えた見方をしてたんでは・・

 と今では思います。

 後となれば・・

人を傷つけるのなら、自分が傷ついた方が、憎まれたほうが気が楽

 です。

 

 夏越しの祓い・・心身を清めなければイケナイ

明日から7 月

明日から7<br />
 月

2011年6月29日 (水)

 まだまだ つづく道です

 人はこの世に生を受け

 いろんな経験をして

 喜怒哀楽をとおして 日々を暮らし

 生きていく

 いろんな出会いをもって

 自分を知り 人を知り 愛を知り

 人生の分岐点で いろんな事に悩み 選択しながら 

 時は止まることなく 流れていく

 時に迷う事もある

 時に間違えた選択だったのでは

 と後悔することもある

 あのとき こうしていたら

 あのとき ちがう選択をしていたら

 と思いたくなることもある

 頭ではわかっていても 心ではわからない・・

 心と行動が裏腹の場合もある

 そんなに清廉潔白な人はなかなかいない

 そして自分以外の登場人物には予測もできない駒や手がでてきたりして

 翻弄されてしまうこともある

 だれもが こんなはずじゃなかった・・ってことはあるはずだから

 人は経験を持ってしか学べないこともある

 そして 傷つくことでしか

 答えをだせないこともある

 そして 想う人の シアワセを祈ることでしかなす術がないこともある

 そんな みちのりも まだ ほんの旅の途中で

 まだまだ 続く 道なのです。

 今日、TVで古代ハスが綺麗に咲いている映像を見ました。

 泥の中から、綺麗に咲く 美しさは 華美でなく 凛としていて 

 何とも言えない潔さを感じます。

 こんな風に 咲く蓮の花に 憧れます。

 極楽浄土・・私もいつかは 旅立つ日がくるのでしょう・・

 お迎えがくるでしょうね・・ゾンビじゃないから

 人は一人では生きていけません。

 でも、ひとり ひとり が大事で、死ぬ時はひとりですから・・

 夏空

夏の青空が広がっています。

連日続く猛暑・・まだ、6月だと言うのに、今年の夏はどうなっちゃうのでしょうか・・

早くも熱中症でやられちゃっている方もでているようです。

熱気ともいうべき空気が漂い、日差しも痛い感じの今日は超・夏のお天気

青い空が我関せず・・みたいな風で・・今日は雲もなかった。

午前中は美容院に出掛け、午後は背中のマッサージか、接骨院にでもいこうかと

思ってましたが、家にひきこもっていました。

なんとなく、動きたくなくて、少し読書してうとうとしてました。

片付けや、真夏の衣類も点検したかったけれど・・動くと背中が痛くって・・今日は静かに

過ごしました。

昨日は緊急の集まりが合って、その後、一杯・・ということで、お断り出来ずに寄り道して・・

もう何か月もアルコールをおつきあい意外は飲まないようにしているせいか、

弱くなってしまったようです。ビール1、梅酒3 でかなり酔っぱらってしまった気がします。

もともと、大酒飲みではありませんが・・

今日は後、読書するか、気の向くままに絵でもいたずら描き・・しようかな~

そう、そう、ドラッグストアでバスエッセンシャルオイルのようなセット物が売ってました。

お香もそうだけど、バスタイムも癒されるから・・早く何とかして背中の痛み・・

直さなくちゃ・・明日もひどかったら、お医者さんにいってみよう。

2011年6月28日 (火)

はやおき の あさ

何故か はやく 目覚めた 朝は

綺麗な空気と まだ 心地よい 背筋をのばしたくなる冷気が

頬をなでてくれて

まだ始らない 今日という物語を ゆっくり待ってくれているような

そんな感じです

薄い水色の空に浮かぶ白い雲も 動きを止めていて 

一枚の絵画みたいに じっと佇んでます

今日も暑い一日になるかナ・・と思いつつ

すべてがまだ動いてない世界に 寝ボケ眼の 少しぼんやりした 人々の

思考が 駅に 街に ゆっくりと 加速していくのです

今日も一日 良い日でありますように・・

2011年6月27日 (月)

時々、大きな雨

今日は朝から、雨空で、時折、激しい音で雨が煙っている模様・・

もうすぐ、七夕祭りがありますが、ほぼ準備完了・・昨年は大作だったので、ホントにBIGに

ガンダムを創ったため、日々花飾り作りに追われている感じでした。

知り合いやお友達にも手伝ってもらい、4mくらいもするガンダムを創作しました。

昨年は東静岡に巨大ガンダムが登場し、タイムリーでしたし、道行く多くの人が私達がつく

ったガンダムの前でシャッターを切ってくれたので・・ホントにうれしかった。

幼稚園の子供達なんかもみんな勢ぞろいして、カシャッ・・

喜んで頂いて、嬉しかった~今年は規模が少し小さいけれど、ライトアップするので、夜に

映えるんじゃないかと・・思ってます。

さて、今、私は夢枕獏さんの陰陽師を読んでます。

結構、占い好きで昔から興味があるのですが・・

平安時代の日常をほんの少し垣間見ることができて、そして、人間もモノノケも

同じ世界で暮らしているような・・そんな、摩訶不思議なストーリーがあって、安部清明が

不思議な魅力を持って解明いや、解決していくのです。

面白いです。昔の色恋は現代よりも艶っぽくて大人だな~と歌のやり取りなどから想像し

ます。シリーズがいっぱいあるようだからもっと、読んでみるのもおもしろいかも・・

占いも、当たるも八卦、当らぬも八卦ですが・・

私は結構、自分の都合のよいようにとっちゃうけれど・・

変なとこで、気にするとこもあるし・・

姓名判断も星占いも四柱推命も統計学なのかな・・?

ま~たまに、参考にするのもいいかと思います。陰陽学は自然の営み、宇宙の営みを

軸としているようだし、奥が深~いようなので、少しかじってみたけれど・・勉強し覚えなく

ちゃならないことがいっぱいのようなので・・保留がず~っと続いてます。

それから、ここ数日、背中が痛くて困ってます。

筋なのか、コリなのか、先日、自転車で転んだ時の打撲のせいか・・今頃、痛いと言うのも

おかしいし、寝違えたのか・・これが結構、重症です。どうしたことか・・

段々、自分の体もケア―してかなくちゃいけないお年になってきています。

体も心も・・

2011年6月26日 (日)

今日も暑かった~2

「今日も暑いですよね~」これから、一日何度となく口から出てしまう言葉です。

どうかすると、お客様にお会いするたびに、何十回も言っちゃうかも・・

嗜好も夏向きに変わってきて、本日は冷やしラーメンにしました。

三食入りのマルちゃんの冷やしより、昔ながらの冷やしラーメン一食入りの方が

やっぱりおいしいように思います。

薄焼き卵にトマトにハムに細切り胡瓜をのせていただきました。

明日のお弁当のおかずと兼用に鳥の空揚げも・・

御馳走様でした。

さて、冷やしラーメンもいいけど、素麺もいいですよね~

特に「手延べ素麺」というのは その道何十年という職人さんが20センチくらいの太さの

麵を二本の棒に絡めてどんどんのばしていくのだそうです。

2メートル、3メートル、4メートル。そうして、あの細い素麺を作っていくというのですから

ビックリです。そして、素麺つくりの最盛期は「冬」なのだそうです。

凍てつくような寒さだからこそコシのある素麺ができるのだそうです。

ここで、麵の種類について記します。

●素麺の麵(機械麵)の太さは直径1.3mm未満と法律できめられているそうです。

 冷麦は直径1.3mm以上1.7mm未満、1.7mm以上はうどんだそうです。

 熊本県の南関素麺という手延べそうめんは0.2mm・・糸のような素麺だそうです。

 一度、食べてみたいですね~

2011年6月25日 (土)


お疲れ〜
反省会の帰り、ちょい悪オバサンになって以前、お手伝いしていたホテルにちょつと立ち寄りました。
八角の香り漂う超レアなお酒を知り合いのソムリエの お薦めで…
決して 美味しくありません。
地中海では麦茶の如く常用してるらしいけど

少しして、帰宅・・早く寝よ~っと・・

2011年6月24日 (金)

今日も暑かった~

五月晴れは、現在では一般的に五月の晴れ渡った空を表しますが、本来は「五月雨」と

同様、陰暦の梅雨どき、つまり「梅雨の合間の晴れ」にあたるそうです。

それにしても、、今日も暑かった~熊谷では39.9度だったとか・・

数字を聞くと、尚更体温が上がる様な気がします。水分を充分とって、熱中症には注意し

なくてはなりませんね。

今年はより「節電」を言われておりますが、やせ我慢して、冷房もつけずに、体調を

崩さないように、十分気をつけてください。

さて、食品売り場の棚には、すいかや無花果も登場・・桃やブドウも並び始めました。

無花果も好きだけど、まだまだお値段がいいみたい・・

紫蘇の葉っぱも並んでました。この紫蘇で紫蘇味噌や紫蘇ジュースを作る方もいらっしゃ

いますが、貧血食欲増進、整腸に効き目があるそうです。殺菌、防腐効果も強く、抗ガン

作用もあるそうです。

この暑さで、食の嗜好も変わりますね・・アイスや氷を食べたくなるし、素麺や冷やしラーメ

ンなども喉越しにいいですよね。

昨夜は通常総会の継続総会が行われ、ゆっくりと、しかし、なかなか同調していくこともで

きずに、まだ、すっきりしない状況がもう、しばらく続きます。

私もここまでくると、もう、なるようにしかならない・・としか言いようがなく、一部の人の

エゴで動いているようでは、永遠にまとまらないなあ・・と投げやりな気持ちになります。

少なくとも同じ方向を向くことができなくても、お任せするしかない・・状況かと・・。

で、ないと、前に進めない気がします。

最近思うこと、歩みよる気持ちのない人に、自分を理解してもらおうと言うことは、到底

無理なんじゃないか・・と思うのです。それは、組織の中でばかりでなく、小さな人づき合い

でもそうですよね・・

あなたはあなた、私は私・・皆それぞれに違うけれど、お互いを認め合う気持ち、しいては

思いやる気持ちがないと、到底、理解することはできないのかもしれません。

・・と、ふと・・思います。

これから、主義主張の違う人達がどこを目指して、良しとするのか、良い解決ができる

ことを望んでます。ただ、どちらにしても、排除するような形をとることのないよう・・

人として思います。やり方は違っても同じ所属する会であるならば、協力しあえる関係で

ありたいし、同じ目標であってほしいけれど・・それも、むずかしいということは、どういうこ

と・・って思います。

・・といえども、早く落ち着くところに落ち着いて欲しいと思います。

さて、明日も暑いのかしら?どうも、また、雨になりそうだけれど・・

2011年6月22日 (水)

暦の本から・・夏至

夏至(6月21日~7月6日)

     乃 東枯る・・なつかれ くさかれる

     菖蒲咲く

     半夏生ず

●乃 東枯る

 新暦6月21日~26日頃

「乃東」は「だいとう」「ないとう」。「夏枯草」かこそう、または「なつかれくさ」のこと。

夏至の頃に枯れるためこの名が。

花の形が矢を入れる靭(うつぼ)に似ていることから「靭草」とも。

「靄こめて遠森かくす靭草」  (富安風生)

梅雨のまっさかり。緑がいよいよ濃さを増す季節にもかかわらず、「夏枯草」だけが、その

名の通り枯れていく時季。

   夏至

 太陽黄経90度、北半球では太陽が最も高く輝き、一年中で昼間の時間が最長の日で

ある。

北極に近い地方では、一日中太陽が沈むことがなく「白夜」が、逆に南極に近い場所では

太陽は昇らず、いわゆる「長夜」になる。

農家は田植えの繁忙期。

「夏至の空明るし月の昇りゐて」  (若月瑞峰)

まさか の さか

まさか という さか が あるのでしょうか

さくじつまで しんじていたものや 

よそうだにしていなかったことが けしきをかえてめのまえに ひろがっていて

いえ、どんぐりころころの どんぐりみたいに おいけにはまって

さ~たいへん なのです

まさかの さか ってそういうことでしょうか

  

「今日は暑かった~~~ホントに暑かった~~

午後、絵画展の受付のお当番でした。

程良く冷房は効いていて、快適でした。外はガンガン温度が上がっていて、そして、街路

樹の葉っぱもハタハタと強風に煽られ踏ん張っているようでした。」

2011年6月20日 (月)

紫陽花

紫陽花

可愛い花々

紫陽花の季節

六月は紫陽花が似合う季節

白 ピンク 紫 青 色とりどりの花が美しい

雨に濡れたお花も 空をおおった曇り空も 

この花は陽の光より似合う気がする・・

なんとなく ものいいたげな

でも言えないような ぎゅっと結んだ唇に

なんとなく 沈黙の語らいを秘めているような

そんな風に私は感じます。

最近では「墨田の花火」「ダンス パ―ティー」おたふくもあったかな~いろんな品種があり

ますよね・・梅雨が似合うお花です。

それから、最近は、道行くと・・いろんな百合のお花も目にします。

オレンジ、白、黄色・・ピンク・・このお花も、何か言いたげな感じ・・でも、ほら、

ぎゅっと結んだ口元でなくて、ちょっと、ほころんだ緩んだ口元・・って感じかな・・

昨日は初めての絵画展出品に励ましのお言葉をいただき、ありがとうございました。

ホントにUPするのも気がひけたんですが、結構、思い切りのよい私でして・・お恥ずかしい

です。

さて、いつも、いろんな良いお言葉をくださるお客様がいるんです。

いつもお店の壁に飾らせていただいているんです。書家というか、お習字の先生なのです

が、前々回にいただいたお言葉は坂村真民先生のお言葉で・・

「念ずれば花ひらく」 生きていく指針に感じ、力強く、前向きに行動せよ・・みたいな

勇気をいただけるお言葉だと思います。

このお言葉をいただいた方から、坂村真民さんの「一道を行く」という本を貸していただい

たので、今読んでいます。

早くに父親を亡くし、お母さまが女手ひとつで5人の御兄弟をお育てになったようで、

極貧生活をしながらも、歩み、そのものが真民先生の心を育て、懐の広い、人間性が培

われたのだと・・つくづく思います。

コンプレックスを感じながらも、屈強に負けることなくこられたのは、お母さまの大きな

背中を感じてきたからなのでしょうか・・

まだ、途中ですが、ひとつ心に残ったところを書き出してみます。

●真民さんは日本人が「宇宙のまなざし」を持つことの大切さを、次のように言って

 いる。

 「宇宙は物ではない。心を持った偉大な生命体(宇宙心霊・神)である。

  その宇宙に心服する人間の目を「宇宙のまなざし」と呼んでいるが、それは、千年先

  までも見る目のことである。人間は自分の体の中に小さな宇宙を持っている。

  自分の体は、宇宙の縮図であるという自覚を持って、世の中のためになる仕事を

 しなければならない。それが、四方を海で囲まれ、八百万の神を祭る日本民族の

 使命である。」

まだまだ、修行が足りない、人間ができてない私ですが、一度しかないない人生だから

・・真民さんのいう「二度とない人生だから」大切に悔いのないようにいきたいと思います。

やったもの勝ち~ともいうかな、なんて・・

2011年6月19日 (日)

はずかしながら…

はずかしながら…
はずかしながら…
はずかしながら…

はずかしながら…

デビューです。

始めて半年のヒヨコです。

絵画展(先生の作品)

絵画展(先生の作品)
絵画展(先生の作品)

まるで 写真のようです・・

2011年6月18日 (土)

すこし寂しく・・ひたすら走ろう

今日は霧雨のような細かい雨・・

時折、静かに雨が佇んでいるというような装い・・

さ~いよいよ明日から私の・・いえ、いえ、私の入会した絵のお教室の絵画展が始まります。

大胆にも永年やってらっしゃる方に混じって出展します。

気恥ずかしいような、ドキドキするような・・痛、痒いような、そんな感じ・・

昨日は自分の作品を持参して、画材屋さんへ・・作品を飾る額を購入するため出掛けまし

た。午前中は、食推協の定例会で、私の地域のお当番月だったので、さぼらずに出席、

申し訳ないけど、いつも、13時までに仕事に入れるように参加させてもらってます。

私もおばさんだけど、その中では若い方なので、まだまだ、引退したり、専業主婦の方と

は違うので気持ちはあっても、なかなか参加できないのが実情です。

昨日は夏におこなう親子お料理教室のレシピを紹介、試作・・それから、保険センターの

職員さんから、災害時のライフラインが止まった時のレシピや注意点、便利グッズなど

紹介があったり、紙で作る食器・・つまり、折り紙でいくつかお皿と言うか、器を作ってみ

たりしました。

午後はそんなわけで、大急ぎで職場に入り、しばらくしてから、休み時間にこれまた大急ぎ

で画材やさんへ・・初心者なんで、あまり高価なものは必要ないのですが・・

額縁に負けちゃうし・・それでも、作品に合った額縁を選んでもらいました。

やっぱプロですね~少しはこれで、絵の方も引き立つかも・・

こけしの絵は金色のふち、南国の少女はブルーがかったメタリックなもの、そして、木炭で

描いたデッサンはシンプルな木のふちのもの・・になりました。

明日は朝早く搬入で、銀行のショ-ルームのようなところに展示させてもらいます。

今度の定休日には私もお当番で午後はここにいなくちゃならない・・

そして、最終日は搬出+反省会と称してお食事会もするみたいです。

私にしては初めて事ばかりなので・・ま~とどこおりなく事が運ぶよう願ってます。

それから、今日は今度取り組む商店街のホームページの原稿をまとめ、プロの方に少し

お願いするのですが・・、お勉強しておかなくてはならない事があって、うかうかしてられま

せん。ただでさえ、パソコンなどには弱い方なので・・

いろんな販促の事すすめてかなくてはならないし、変動期で、これから、どんな風に会と

かかわっていっていいのやら、心配もあるのですが、通りの先輩が京都で観音様から

お告げをいただいたところ・・まず、「行動せよ」とそして、「ひとつのことをやりなさい」

のように・・私も、まず、「行動せよ」には賛成・・考えていて動き出せないより「行動せよ」

だと思うのです。

今の私は何かに一生懸命走ってナイト・・心の隙間に風が吹いて寂しくなりそうなので・・

ひたすら走ろうか・・と思うのです。

いい塩梅に、忙しい少し難しい課題が私の目の前にやってきて・・

アンタの仕事だよ!って順番に整列している・・

優秀でもない私は、やっぱり、努力と機転と体力と愛嬌で乗り切らなくては・・

何はともあれ、頑張ろう~

最近、残念なことが続き、誤解され、大事にしていたこともガラガラと崩れ、

、心が折れそうだったけれど・・・

全ては私が至らないちっぽけな人間だって思うけれど・・そして、不本意に傷つけてしまっ

た心に、なすすべもないのだけれど、

少しは前を向いて胸を張っていけるようにしなくては・・ほんとにダメな人になってしまうから

そんな自分をヤメにして・・今は課題を片付けながら、ひたすら走ることにしようかと思う。

たいしたことではないけれど・・もう少し自分をレベルアップさせなくちゃ・・今後生きてけな

いかな・・なんて。

そして、きっと気がつけば、景色が変わっていればいいなって思うのだけれど・・

2011年6月17日 (金)

心の風景

赤は赤

黄色は黄色

青は青

ド レ ミ は ド レ ミ

・ ・ ・ ファ ソ ラ シ ド 

これは 私の目で見た 赤

これは 私の目で見た 黄色

これは 私の目でみた 青

これは 私の耳で聞こえた ド レ ミ

これは 私の目で聞こえた ファ ソ ラ シ ド

これは あなたの目でみた 赤

これは あなたの目でみた 黄色

これは あなたの耳で聞こえた ド レ ミ

これは あなたの耳で聞こえた  ファ ソ ラ シ ド

青い空 空に浮かぶ白い雲 風に揺れる緑の木々 色とりどりの美しい花々

雄大な山 深く澄んだ湖 広い広い海

心の目 心の耳で 感じ取る 光景は 

同じものは ひとつもないのかもしれない

2011年6月16日 (木)

もう 寝ます

つい 今の今まで 横になってTVをつけていたら 眠ってしまって・・

さあ これから・・

本格的に眠ることにします。

ちょっと 疲れてます。

19日から絵画展が始まるのですが、今日午後、お教室の最終日・・

何とか 仕上がりました。

・・というか、これでいいことにしました。

デッサンでメディチとバックに花瓶にお花とこけしさんが二つ並んだ光景と

南国の少女のお人形と貝殻を青い海と砂浜を想像力でえがいた三点

なんとか仕上げました。

まだ、ほんの半年ばかりの若葉マークなのですが・・上手ではないんですけど

絵を描いてる時は無心になれて楽しいです。

明日も午前中、所属している食の会のお当番の日で人出も足りないので参加しなくてはな

らなくなり、1時までに職場に入るようにして・・早めに出掛けます。

今日はもう、寝ます。眠いです。 おやすみなさい。

 

 

2011年6月15日 (水)

 「七字のうた」

               坂村真民

  

     よわねをはくな

     くよくよするな

     なきごというな

     うしろをむくな

 

     ひとつをねがい

     ひとつをしとげ

     はなをさかせよ

     よいみをむすべ

     すずめはすずめ 

     やなぎはやなぎ

     まつにまつかぜ

     ばらにばらのか

ふぁいと!

今日は父のお誕生日、二色咲きの絡まった背の高いハイビスカスの鉢植えを

プレゼントしました。

黄色と赤の花が元気に咲いてとっても綺麗で華やぐ気持ちになれるので気に入って、

お隣のお花屋さんから購入しました。

剪定をうまくすれば、毎年咲くから楽しみになりますよね・・

今日はお休みなので、久しぶりにパソコンの前に座ってます。

さっきまで、出品予定の水彩画を描いてましたが、どうも、自分のイメージどおりには

描けなくて、南国の少女がなんだかグロテスクな可愛くないお嬢さんになってしまって・・

まいったナ~

ゆったりした気持ちで描けるよう、ビルエバンスをBGMに二条というお香を焚いて

気分よく描いてるのですが・・

重ねて色を塗っているうちに、なんだか綺麗に描けないな~

さて、昨日は会の販促にともなう会議、その後、飲み会で・・

ず~と家では禁酒しているので、お付き合いの時は気兼ねなく杯を傾けようと

思ってます。

本当なら、5月中旬に代わっているはずの役員が保留状態で、やっと、また来週、選挙

ということで続開総会が行われます。

いろんなしがらみや人間関係などで、すったもんだしている悲しい状態ですが、

もうすぐ、良きにしろ悪きにしろ歩きだすので、どんな状態になろうと結果を受け止め

前に進むことになります。

皆さん、気持ちが退いていて、やれる方がやってくれればいい・みたいな感じで

あるいは、あまり違った方向に行くようなら、組合をやめればいい・・くらいに思っているん

じゃないかな・・

でも、一部のやる気のある人とこれからの若者はこの街で生きていくなら、もっと積極的

になってもらいたいな~・・とおもいつつ、こんな、ぶち壊しのような状況を作った方達は

少しは自分達のことも省みてもらいたい・・と思うのです。

自分のやりたいことをやる為に手段を選ばないようなところは、頂けない・・・

は~、しばらくブログお休みの予定だったけれど・・

やっぱり、毎日の習慣か、気持ちの整理か書きたくなる・・

今、ホント、課題が多いです・・私への宿題も・・本気入れて取り組もうか・・と思ってます。

たとえば、続開総会、メール配信企画の販促、私事では、絵画展、定期健診もある・・

七夕の準備はほぼ完了・・まずは、ホームページ用の原稿をまとめなくては・・(プロにお手

伝いしてはもらうものの・・)

時々、だらだらしている私ですが、いろんなことを企画したりしていくことは楽しくて好きで

す。専門家ではありませんから、もう少し勉強しつつ進もうと思います・・

と井村屋の「タイ焼きアイス」を食べながら・・思ってます。

2011年6月14日 (火)

紫陽花

紫陽花
紫陽花
紫陽花


白 ピンク 紫

好きな色…

2011年6月13日 (月)

 しっとりとした雨の朝に・・  (6月13日ほんのミニストップ)

これから始まる一日に

つつましやかに しっとりと 包んでくれる 小さな雨

何日もつづいている 雨の日に

少しくたびれた風景が グレーの雲に包まれて

光が為りをひそめ 影が少し押している

時折見せる晴れ間にも まだまだ 心細げな

変幻自在の雲ゆきに 風も まだ 行き先を 決めていない

止まった心に 一歩前に踏み出せない 

そんな 日々を 坦々と

送り込まれてくる毎日の 時の波に サーフィンして ほら いつもと変わらない 

そんな 日々を 坦々と

心を置いても流れてく

梅雨の合間の 青空に

カラ元気の光の煌めきが 長く尾を引き 肌に痛い

送り込まれてくる毎日の  時の波に サ―フィンして ほら いつもと変わらない

そんな 日々を 坦々と

心を置いても流れてく

いつか ホントの元気になる

青空が雲の合間から

広がる明日が必ずくるから

ほら 雲の合間から 青空がのぞいているから

2011年6月 7日 (火)

すこし ゆっくりします。

仕事上でも、いろんなハプニングを含め、変動期にあります。

やることばかりは増えながら、自分の体力と気力も時々、バランス悪く感じます。

人生の中でも・・試されている時・・でありながら、あがいているようでもあります。

人にも優しくなれてない気がします。

そんな心情の上にあります。

初めての絵画展もひかえてます。

すこし ゆっくり 落ち着くまで、ブログをUPできない・・と思います。

そんなこと言っても、書くことが好きなので、すぐもどってくるかもしれませんし・・

御心配はいりません。

また・・の時はよろしくお願いします。

                                       

                                 水色の風 

              

2011年6月 5日 (日)

この子

この子

今日こそは・・

昨日、足りなくなった水彩の白を買いに画材やさんに・・

今月の20日から絵のお教室の展示会があるので、3つ目の作品、

急ピッチでしあげなくちゃいけない・・

みなさん、年季が入っていて、ほんの半年の私が3つも作品を出すなんて無謀なんだけど

そこは、煽てられ、ぎりぎりまで頑張ってみます。

昨日、画材やさんにいって、絵具とスケッチ用の鉛筆を購入・・

同じフロアーにお香が綺麗にかざってあったので、思わず買ってしまいました。

先日の京都でも、東寺でやはりお土産にいろとりどりの可愛いものを求めました。

最近、体が疲れやすいので・・会の気苦労もあって、なかなか夜の時間を

有効に使えないのですが、今日こそはお香をたいて癒されながら、絵に取り掛かろう

と思ってます。

ちなみに、3つ目の作品はこの子・・

異色作品にチャレンジ・・

マンガチック・・でも、難しいな~

*今日は静岡勤務、午後からもどって、人にも合わなくちゃならない・・

                                       ふぁいと!!

風に乗せて

新緑の季節

雨上がりの緑も とても冴えていて

この季節 グリーンがとっても生き生きしていて好き・・

あれから どれくらい たつのでしょう

誰かが書いたシナリオみたいじゃなくて

ほんと 偶然の出会いに 

今では 嘘みたいに あなたのことを 思い出します

生まれつきなのか それとも運命のいたずらなのか

タイミング悪いのが たまに傷かな・・

あの爽やかな風の中 あの緑の小径で

あなたが隣にいたなんて 

嘘みたいな出来事です

そっと 手を触れたかったような

そんな 暖かい笑顔を思い出します

優しすぎるあなたは 時に残酷で

私を傷つけまいと スル―する気持ちを 

リターンで 投げかえす

あまり あなたを困らせちゃいけないと

思いながらも 

なかなか私はその場から 動けない

もっと大人になれたなら 

もっと強くなれたなら

あなたの悲しみの全てを 受け止めて あげられるのに

私には なす術がないのかな

こんな 梅雨の合間には

そして 草の匂いがする季節

生きてく・・アク・・みたいな 

強いエッセンスを感じながら

もっと 優しく もっと 強くありたいと

寂しくなる気持ちを 忘れたいと思うのです

ゆっくりと すべってく 夜のしじまに・・

私を包んでくれる 優しい夢の淵へと・・

2011年6月 3日 (金)

東寺の不二桜

東寺の不二桜

東寺の五重塔は

春には桜 秋には紅葉が彩り

を添える京都を象徴する

姿とも言われています。

不二桜

「そうだ 京都に行こう」

2011年 JR 春のキヤンペ-ンで

東寺の五重塔と不二桜がポスタ-に…

今は青々と…どっしりと。

京都で

東寺御真言

 ●大黒堂

 「おん まか きゃろにきゃ そわか」  

 大黒天は大地の神で、大地は糧を表し、土は槌で表され、それを振ると福寿円満が

 訪れます。

 弁財天はインドでは河の神で弁舌、音楽、技芸上達の神です。

 毘沙門天は四天王の北方の守護神で財宝を司る神です。

 その三体の天神が合体したのが三面大国天で、東寺、大黒堂に祀られているのは、

 大師様作の像と伝えられています。

 大黒天、毘沙門天、弁財天、三尊の御利益が一度に授かれます。

 ・・・というわけで、パワーアップして、願いがかなえられそうなので

 しっかりお祈りしてきました。 

実はこの辺りで、大黒さんに似た山吹色の二部式着物を着たふくよかな女性に合ったの

ですが 「ここのパワーはすごいんですよ。」と・・

お顔といい、黄色の黄金パワーを身に纏って・・

御一緒した3人の女性群はひたすら手を合わせてました。

私も願いが叶うといいな~

 

●京都駅の伊勢丹10Fにあるお店でランチ

 おばんざいバイキングがついていて、親子丼を・・ 1000円也

 

京都で //

京都で
京都で

観音様とお話できた?

一昨日は梅雨空の中、京都の空の下で約7時間程を過ごし

往復バスで8時間以上の移動・・やっぱり、疲れますね。

通りの先輩が「仏像さんとお話してくるといい」とおっしゃっていて、「そうだ 京都に行こ

う!」と楽しみにしてました。

何が、どうして・・と言う訳ではなく「観音様に会いに行きたい」と思ってましたから・・

「東寺」「三十三間堂」「東本願寺」と拝観しましたが、

特に「三十三間堂」の中尊坐像、千体観音立像、28部衆そして、風神さん、雷神さんを

いれると総勢1032体もの・・仏像さんには圧倒されました。

1001体の千体観音も、皆それぞれにお顔が違うから誰かさんに似たお顔の観音さんに

会えるかもしれません。

「三十三間堂」はお堂内陣正面の柱間の数からでた通称ですが、

「三十三」という数字は実は観音様が時に応じ、所に随って三十三に変化して人々の

危機を救い福徳を授けるという「観音の三十三応化身」の数にあやかっているそうです

以前、ブログで記事にしたことがあるのですが、千手観音というのは正しくは千手千眼

観音と呼びます。この、千の掌の中には、おのおのに一つずつ目が描かれているそうで

す。千の目というあらゆる角度からの人間観察で、その苦しみ・悩み・憂いなどを見透し、

そして、千の手というありとあらゆる手立てを自由自在に用いて、人々を安楽の世界に

導くと言われています。

私達は常日頃、いろんな角度から物事を見たり考えよう・・なんて思っていても

やっぱり、一面的だったりして、なかなか物事を一周して見るってことできてないですよね

立場換えれば・・てところもあるし、こんな風に物事を捉えることができたら、なんでも

解決しちゃいそうです。

千手千眼観音様ですが、頭の上に、まるで冠のように、四方四維上下の十方向の全てを

みる十面を持ち、それに方向性を超えた頭上仏面をあわせて「十一面」になっています。

その、十一面ですが、どんな面々なのか・・と申しますと

A・  慈悲面(善良な人に喜楽を与える相)

B・  瞑怒面(善行・不良の者を叱り、その苦を抜く相)

C・  狗牙上出面(努力する人を褒め、仏道を示す相)

D. 暴悪大笑面(邪の者を笑って善に向かわせる相)

E.  頂上仏面(無楽安楽」の悟境があることを示す相)

A・B・C は 三面づづ、、D・E は 一面づつ で 合計で十一面になります。 

観音様も28部衆も等身大くらいの大きさでやっぱり見ごたえがあります。

28部衆もそれぞれ意味のある神様でいろんな事掘り下げてみるともっと面白いと思いま

す。 

                             つづく・・

2011年6月 2日 (木)

今日はお休みします

やっと 書きあげた記事が手違いで消えてしまい・・二回目

本日は疲れたので

明日また、出直します。

あ~疲れた・・

なんだか、簡単ログインっていうのもうまく出来ないし、携帯からも調子悪くて

少々・・疲れ気味です。

では、また明日・・

十一面観音様についての記事でしたのに・・

                             では・・

2011年6月 1日 (水)

凛とした空気が好き・・

今日は梅雨空の中、西へ 西へ バスが走る、走る 京都まで行ってきました。

商店街のサービス企画で年に一度か二度、バス旅行を企画します。

私もここのところお手伝いも兼ね参加してます。

日帰りですので、正直言って、おみくじの小吉を3回引いたような

そんな物足りなさを感じながら・・特に新幹線ででも出かければ、日帰りでも もう少し

ゆっくりできますよね~

でも、ドア ツゥー ドアですから、居眠りしながらいけるところもいいじゃない・・なんて

そんな訳で、本日も駆け足で 「東寺」と「「三十三間堂」と「東本願寺」を拝観しました。

東寺は京都駅に近く、おなじみの光景の五重塔がお庭のショウブと共に、

そして、名のある・・八重桜が青々と葉っぱが生い茂っていて、入口で御出迎えしてくれて

いるようでした。

残念ながら青空を見ることはできなかったけれど、予想より降られなかったことは・・

梅雨なのですから、ラッキーといえるかもしれません。

何と言っても、大日如来様を中心に五智如来をはじめ、五菩薩、五大明王、四天王、

梵天、帝釈天の仏像さんがいらっしゃいます。

ダイナミックないでたちは迫って来るものを感じます。

三十三間堂の千体の観音さんはもちろん、28部衆も好きです。風神、雷神も・・

東本願寺のなにもかもBIGな造りも・・空気が凛として身が引き締まり・・なんとも

荘厳な面持ちになります。

明日早いので、また、明日ゆっくり記事にします。

みずみずしい…京都

みずみずしい…京都
みずみずしい…京都

東寺

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »