« 暦の本から・・千利休切腹 | トップページ | 行ったり来たり・・ »

2011年2月28日 (月)

暦の本から・・草木萌え動く

●草木萌え動く  正月中雨水の三候

          新暦三月一日から五日

 新芽があちこちで、萌し始める頃。旧暦の新年の祭ごとが、ようやく一段落し、野外の花や

草に目が向けられる、いわば花見月。

 花とともに、冬ごもりしていた動物たちも本格的に動き出す時季でもある。

寒暖はあいまいだが、日々確かに春に向っていることを、肌で感じられる月。

「三月や大竹原の風曇り」    芥川龍之介

「大雨や花の三月ふりつぶす」  一茶

●三月

三月は旧暦で「弥生」。

「弥生は春の陽気いたりて萌え出たる草も、この月いよいよ生ひさかんなれば『いやおひ

月』ということを略してやよひとはいふなり」。

花月、季春、桜月(さくらづき)、桃月(とうげつ)、春惜月(はるおしみつき)、雛月(ひいな

つき)とも。 

今日は昨日の暖かさが嘘のよう・・雨も風も強い冷たい一日でした。

明日から、三月・・何だか、一気に春の響きですが、まだまだ、三寒四温で、すぐには

春とはいかないようです。

« 暦の本から・・千利休切腹 | トップページ | 行ったり来たり・・ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 暦の本から・・草木萌え動く:

« 暦の本から・・千利休切腹 | トップページ | 行ったり来たり・・ »