« ちょっと、気になる「必勝法」 | トップページ | 一日の終わりに・・ »

2011年2月 2日 (水)

暦の本から・・追儺/節分

  冬から春に

 立春の前日、2月3日頃。陰暦の正月は2月4日頃であるから、晦日にあたる。

もともとは、四季の分かれ目を意味した言葉で、古くは「せちぶ」「「せちぶん」とも。

「鬼は外、福は内」の豆まきは、昔は「追儺」(おにやらい、なやらい)と言われ、中国周代の

行事の一つ。「豆うち」「豆撒き」が行われるようになったのは南北朝の頃。

家の入口に柊の枝と、豆の茎に刺した塩鰯で、邪気や災厄を祓う風習、また、地方によって

ニンニクやネギを下げるところも。

江戸時代には、節分前になると鰯や柊の物売りがはやった。

 *今日は一日、家にいました。

 本当に、家にずっといるのは、どちらかというと苦手なんですが・・

 普段、仕事や所用もあり、家でゆっくりしている時間が少ないので、家事もいっぱいある

んだけど・・というわけで本日は片づけとお掃除・・そして、明日、月2回の水彩画教室

があるので、ここのところお休みは絵を描いてます。2時間程時間をもらって出かけます。

初めての作品はテーブルの上にある和のお人形と花瓶に一輪ある造花です。

なんだか、手を加え過ぎると汚くなってきちゃう気がして、今日は短時間でやめました。

この作品も6月に出展するひとつでいいと先生がおっしゃるけど、私は次の作品くらい

からにしてもらいたい・・気がしてます。思うような出来ではありません。

やっぱりデッサンが基本でしょうから、明日からは、少し木炭でデッサンのお勉強に入りま

す。

初めて描いてみて、光と影、それから、色の使い方、遠近・・もそうだし、いくつかの注意

点があって・・先生はいちいち教えてくださらなくて、みなさんそれぞれの絵を描いているの

で、ポイント ポイントをアドバイスしてくださいます。

一生懸命絵を描いていると・・時間がたつのも早くて、寒い季節は室内で読書か、絵を描

く・・というのも、いいものです。

今までは、暇なお休み家の中で過ごすのは、もったいないし、あまり好きではありません

でした。

・・といっても、どこかへ出かけるのも大好きで、お休みさえとれて、余裕があれば、

どこまでも行っちゃいたい思いです。

ナカナカ、現実は自由にならないところもあるし・・

明日は夜、また、集まりがあって少し遅くなります。寒い冬は遅い会合はイヤですが、

仕方ありません。パスしたり、ズルすればいいのだけど、そういうのなかなかできないんで

す。だったら、最初からやりたくない・・なんて思っちゃいます。

でも、きっと、とびきりのお誘いでもあれば、パスしちゃうんでしょうけど・・

今日はできたら、ウォ-キングしたいね・・と言っていたので友人からのメールを

待ってます。では、今日も暖かいものがいいですね・・何にしようか

お買いものに出かけます。

« ちょっと、気になる「必勝法」 | トップページ | 一日の終わりに・・ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 暦の本から・・追儺/節分:

« ちょっと、気になる「必勝法」 | トップページ | 一日の終わりに・・ »