« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

2011年1月

2011年1月31日 (月)

早いもので・・

早いもので、年が明けたと思ったら、今日で一月もお終い、明日から2月です。

この調子でいっちゃったら、どんどん歳をとっちゃう勢い・・

今年になって、寒さは厳しいし、鳥インフルエンザだの、噴火だの、この一カ月の間にも

時はどんどんと流れているのを感じます。

良いニュースといえば、日本代表がアジアカップで優勝したこと・・

今日は、仕事後、会合があって、2月のイベントについてや次期役員決めについての

事など話し合われました。暖房が真正面で、パワフル全開でしたので、暖かい風が私の

正面に・・時折、瞼が重くなってしまいました。

帰り道、この時期年度がわりの公共工事の追い込みか・・家に帰るのにぐるりと遠回りし

てたどり着き、夜間工事も・・もう11時だというのに、忙しそうに大きな音をたててます。

今日は一日ほとんど、職場から動かなかったので、ちょっと疲れました。

2月半ばには暖かくなるという予報ですが・・どうでしょうか?

あまりに寒いと泣きたくなるような・・気持ちになります。

こんな温暖な地にいながら、贅沢かつ、意気地がない・・と思います。

●二月  

二月は旧暦で「如月」。寒さの為に衣を重ね着する「衣更着」、陽気がよくなる「気更来」

が語源とか。

梅つ五月、梅見月、小草生月(おぐさおいつき)、花朝、華朝、夾鐘、恵風、木目月(この

めづき)、仲春、仲陽、雪消月(ゆきぎえづき)、麗月、令月とも。

2011年1月30日 (日)

雪化粧がオレンジ色に映えてました・・

帰り道、今日は残念ながら、徒歩ではなく自転車を走らせて

道、道、進行方向は、路地からみえる富士山が大きく・・

少し日が長くなった夕暮れ前の明るい空に、富士山の雪が夕陽に薄く染まって

とても綺麗でした。

冷たい風が頭のてっぺんまで冷え冷えで、おでこも・・髪の毛の先っぽまで冷たい感じ・・

です。

今日はなんでもない一日に「ありがとう」って言いたいような殊勝な気持ちになってます。

久しぶりにユーミンを聞きたくなって・・聞いてます。

少女の頃の透明な感性が懐かしく、おしゃれなアレンジも好きです。

あたりまえに順調に歩んできたわけでもなく、人より幸せな時もあり、人より不幸な時も

あり、みんな、みんな、そうなんだろうけれど・・・

(基本的に人と比べるものでなく、主観的な自分自身が感じることなんだろうけれど・・)

幸せの基準も人それぞれだから・・自分が幸せって思えば、人からみたら危うくても

きっと、幸せだって・・思う。

ブッダじゃないけど、みんな、みんな、幸せを感じられる心であればいいなぁって・・

2011年1月29日 (土)

久しぶりのウォーキング・・

7時頃 、久しぶりにお友達からメールで、夜のウォ−キングのお誘いが・・

一昨年の夏からはじめたのですが、どうも、秋から冬にかけて彼女も仕事が忙しかったり

家庭の事情でず〜っとご無沙汰でした。

そして、今年、初のウォ−キングにいってきました。

いつもなら、私の街を流れる川沿いの橋から橋までを、ぐるぐると回るのですが、

今日は諸事情で、裏通りから海沿いのショッピングセンターの方まで歩きました。

寒い中、完全防備で出発したので、少し汗ばみ、良い運動になりました。

運動不足だし、代謝も悪くなっているので、いわゆる燃えにくい体になってるでしょうから

ここで、心を入れ替え、家で丸まってないで少しは運動しなくちゃいけませんね・・

せめて、通勤を歩きに変えようと、しばらくやったのですが、ここのところ、又、自転車通勤

にもどってしまってました。

ちょっと反省・・朝もなかなか布団から抜けられないし・・

外で張り切ったりすると、尚更、家でゆっくりしたくなります。

寒いし・・

自分でも、メリハリがあり過ぎで、疲れるとすぐ蒲団に入りたくなっちゃうので、

イケナイな〜なんて思ってました。(疲れてくると・・回復力が昔より悪くなっているので)

やることだけやる・・ような生活で少し健康的でない感じなので・・気をつけようと思います。

今日は少し曇ってはいるけれど、星が瞬いていて綺麗でした。

明日はもっと冷え込むという予報です。

「冬空に 瞬く星よ キラキラと 胸の奥に 白い花咲く」

「冬空の 瞬く星よ 届けてよ 私の想いを まだ見ぬ未来へ」

2011年1月28日 (金)

早咲きの花・・

今年は、寒さが厳しいのですが・・梅の花、水仙の花、たんぽぽなど、各地で早咲きの開

花の報告があるようです。

大宰府の、飛梅も蕾が二つ、三つ綻び始めたと・・といいます。

夕方、TVをつけっぱなしで夕食の支度をしていたら、自転車のマナーの悪さを取り上げてい

ました。信号無視、スーピードの出し過ぎなど、尋常でない・・感じ。

それも、朝の通勤時間にダッシュで、たくさんの自転車が飛ばしに飛ばしています。

お年よりや幼い子供さんと衝突したら、大変なことになります。

・・誰だってぶつかったら大変ですが・・

いつか、私も左側通行で自転車で走っていたら、向こうから、やっぱり走らせてきたちょっと

年配の女性・・ご自分が右側通行してきたのに、ぶつかりそうになって、怒るんです。

は〜?と思っちゃいました。若い女性も、出合い頭にぶつかりそうになっても、無言の方も

いて、本当に困りものだと思います。

学生の並列乗車も・・通学時の学生に当てられて骨折したとか、捻挫したとか・・結構聞き

ます。

高齢者だったら、命が危ない方だっているかもしれません。

本当に、安全を考えて、自分以外の人を傷つけると言うことを、もっと、考えてもらい

たいものです。

その後もTVつけっぱなしにしていたら、全国各地で博物館が閉鎖されるところがでてき

て文化財や美術、工芸品が行き場がなくなっている・・と言ってました。

今までは、上り調子の世の中にたくさんの博物館がつくられてきたでしょうが・・

こんな時代の流れに、財政難で維持しきれないのでしょう。

ある意味、眠っている宝がいっぱいあるということは、とても、もったいないことです。

日の目をみないんですから・・国宝級の美術品だったり、地域の歴史を知ることができる

ものだったり、様々なようですが、心豊かにしてくれるものだったりします。

街づくりなどのコーディネーターなどに協力してもらって生かせる場所があればいいです

ね。社会福祉関連などにも生かせるかもしれないし・・とTVのなかで、解説員が

どこかの先生とおっしゃっていました。

本当に、日本には、きっと豊かな時代をきた残骸がいっぱいあって、残骸なんて言ったら

失礼ですね。宝が眠っているのでしょう。角度をかえれば、今となっては無駄遣い的なもの

になってしまって・・。

物が多すぎると、いくら収納の名人でも、すっきり納めることには無理があります。

荷物を少なくするのが、てっとり早いし・・シンプルです。

でもそれには、思い切って捨てるということをしなくてはなりません。

一般的に、普通物を片づける時、ど〜しようか、と迷ったりする物は捨てろ・・と言います。

一方で、物を大事に・・という点もあります。

こういう、貴重なものは、やっぱり価値が光るところにおかないと埃にまみれて

ガラクタ同様になってしまいます。

喩えはおかしいけれど、着物などは、換金したら二束三文で、どんな高価なものでも、

泣くに泣けないお値段になってしまいます。

着飾ってこそ、価値があるけれど・・きっと、骨とう品だって売れてこその価値でしょうが・・

それぞれの物にも生かせる場所があるんでしょうから・・。

やっぱり、価値あるものは大事にすべきでしょう。

捨てることはいつでもできます。

個人の持ち物で、ガラクタは少し捨ててすっきりさせたほうが片づきますけどね・・

今日は思いつくままに・・まとまりのないお話になってしまいました。

明日は日本代表、サッカー頑張ってもらいたいです。

2011年1月27日 (木)

いつもの、お習字の先生から・・

鳥インフルエンザでまたまた散々な宮崎県お気の毒です。
渡り鳥が暖かいこの地に舞い降りるからでしょうか?
北では大雪で大変ですし、噴火が起こっているところもあったりして…天の力の上には、人間の英知も及びません。

なんでも真っ白なキャンパスに絵を描くのは描き安いけれど、一度描いたものを書き直すのは大変です。

地球も人間も・・

2011年1月26日 (水)

とろろ汁

*とろろ汁の材料 (4人分)              

・自然薯   500g(すりおろしたもの)            

・だし汁   1  1/2カップ            

・味噌    大さじ1強             

・しょうゆ   小さじ1                

・ご飯または麦ご飯   600g        

・青ネギ        適宜 

(作り方)

1)だし汁を温め、味噌と醤油を合わせ冷ましておく。

2)すりおろした自然薯をすり鉢でよくすり、1)を加えてさらにすり混ぜる。

3)炊いたご飯(麦ご飯)に2)をかけ、青ネギを散らす。            

 

<ひとくちメモ>

 静岡では東海道五十三次にも描かれた「丸子の丁子屋」が有名ですが、山間地域では

 秋になると収穫し食べている。

 丸子のとろろ汁は、江戸時代には朝食の残りの味噌汁でのばし、昼食として食べていた

 そうです。

 (代)自然薯・・・手芋やつくね芋などの山芋

 (☆)生卵を加えたり、残りの味噌汁を使ったりして簡単に

郷土料理と言っていいのか?どうか?・・

美味しいです。

~~~~~    ~~~~~    ~~~~~    ~~~~~     ~~

今日は突然お友達からTELがあり、近くのイタリアンレストランに行き生スパゲティのラン

チをいただきました。美味しかったです。

きしめんのように太い麵でミートソースを絡めたようなトマトソースでした。

デザートは粒コショウ入りのシャーベットで、アイスクリームとシャーベットの混合の

ようでした。食べたあと、胡椒が口に広がる不思議な爽やかさのあるものでした。

久しぶりに友人と2時間程過ごし、聞き役に徹し・・でも、楽しいひと時でした。

帰りは、風が出てきて、とっても寒くなってきました。

夜になってホントに冷え込んでます。気をつけてくださいね・・

TVでは鳥インフルエンザの報道で大変です。

 養鶏地域及び、生産地が鹿児島県と宮崎県が占める割合が多く、約4割弱もあるし

安全上はもちろん、今後いろんなことに影響してきます。

宮崎県もまたまた・・で気の毒ですが、どういうわけなのか・・

静岡県では噛みつき猿が又、脱走したけど、すぐ捕獲できた・・というので、お猿のラッキ

ーも動物園育ちになってきたんでしょう。

乾燥が続いてます。火の元にもご用心してください。

2011年1月25日 (火)

ハプニング・・

今日は帰り道、駅の改札を出たところで、とんだハプニングに遭遇しました。

・・といっても、私の身に起こったことではないのですが、どうやら女の人二人で一人の男性

をいじめているような光景・・大声を張り上げ、一歩も引かない凄みがあって・・怖い

どうやら、男性サラリーマンに触られたとか、ないとか・・

私が男性だったら、きっと触らないような感じのバリバリの中年になりかけた女性なのですが

・・・どちらが、被害者でどちらが加害者だか、実際のところわかりません。

急いでいたので、足早に過ぎてきましたが、間違えだったら男性を助けてあげたくなっちゃ

う気の毒な光景でした。しばらく、遠く離れたホームまできこえましたから・・

ホントにイヤな許せない行為なら女性の味方でありたいけど・・

そこまでやるか・・故意じゃなくて、触れちゃったんならもっと寛大になってもいいんじゃない・・

なんて、思ってしまいました。明日からもう二度と電車に乗りたくなくなちゃうんじゃないか

あの男性はノイローゼになっちゃうんじゃないかって・・思います。

今日は午後3時過ぎから、静岡勤務でした。

月に5.6回はこちらのお店に来ます。

その時はToicaを使ってます。切符を買う手間もないし、便利です。

今日は、サプリメントの飲み過ぎは肝臓にくる・・とお客様が言ってました。

そういえば、知り合いの知り合いが薬とサプリメントの飲み過ぎで骨が壊死してしまった

・・という話を聞いたことがあります。

怖い話ですよね・・

TVでもインターネットでも山のように宣伝されている健康食品・・

手軽でいいんだけど食事から取った方が吸収も良いだろうし・・

薬物処理されて錠剤になっているから、その内容は100%良いものかどうかはわからな

い。漢方薬も数えられないくらいの数があるようだけど許可されていないものもあるようだ

シ、得体のしれない物には気をつけなくてはいけないですね。

そんな、話・・になりました。

なるほど、手軽で、スピーディーで無理な努力をしなくてよければ、私だって試してみたく

なるけれど・・

くれぐれも、口に入れる物は、気をつけなければなりません。

今日は少し疲れました。

明日はお休みですから、ゆっくりしよう・・それから、絵の続きをやろうと思います。

今日は時々、睡魔に襲われます。 なるべく早く横になろう・・と思います。

2011年1月24日 (月)

 心ノ奥ハ イツトナク ケガルル・・心に残る言葉から    

 今日は帰りに、いつもいろいろ協力していただいている方のお誘いである宗教の寒修行

に、お付き合いで顔をだしました。ホントにお付き合いだけ・・

もちろん、特別自分が入信しているものがあるわけでもないし、すごく興味があるわけでもないの

ですが・・・。妙に神経使って疲れました。

思わず帰りに寄ったドラッグストアでワイルドローズのバスソルトを買ってしまいました。

なんとなく癒されたい・・気持ちになりました。

宗教は自由だし、神様もいっぱいいるけれど・・まして、仏教もいろいろあるし、私には

よくわかりませんが、信じるものは救われる・・というところはあるし、ある意味自分の心

のあり方を突き詰めていくのが修行であるように思います。

無限の境地という言葉もあり、形があって、形がない物であって、目にみえない世界でもあり

・・人間の生きる世界だけでは語れないもの、でしょうか・・。よくわかりません。

多川俊映さんの心に響く言葉から

*心ノ奥ハ イツトナクケガルル

意識はいわば氷山の一角。その下部というか背後には、茫然とした無意識の世界が広

がっている。その全体が私達の心であることは、今や常識だ。その深層領域に、末那識

(まなしき)と名づけられた自己中心性がうごめいている、と指摘される。

末那とは、サンスクリット語の「マナス」の音写。いつも自分のことだけを考えている、という

意味だ。

鎌倉時代の良遍は、それを 「心ノ奥ハイツトナク ケガルル・・・」と表現した。

もちろん、表層の意識にも自己中心性がある。誰でも、この俺がーー、というところが

あるが、それを弱めたり薄めたりしながら、世を渡っているのだ。

友人と仲互いして、頭に血が上って帰ってきた。が、落ち着いてみれば、イヤちょっと

我を張りすぎたかな。などと、殊勝な気持ちにもなる。

しかし、心の深層では、それと同時進行で、自己中心を是としているという。

しかも、それが、通奏低温なのだと。人間性に関するよしあしは、単純ではない。

2011年1月23日 (日)

歯のお話

サライより

 成人の8割は、歯周病を患っているという。厳密にいえば歯周病、歯を支えている骨の病

 気である。

 細菌による炎症で歯を支えている骨が溶け、最終的に歯が抜けてしまうのだ。

 歯周病は自覚症状がないまま進行するケースが多いため、サイレント・デイシー(静かな

 病気)のひとつとされる。

 歯も年に一回以上は定期健診を受け、病気の早期発見に努めるようにしたい。

 また、糖尿病の人は歯周病が重症化しやすいという研究結果もあるので、特に、注意が必

 要だ。

 さらに、歯周病を悪化させる要因として、歯ぎしりもあげられる。

 一説に、歯ぎしりは食べ物を噛むときの数倍から数十倍の負担を歯にかけるという。

 この過剰な負担が歯周病悪化の原因になることがある。

 歯ぎしりは睡眠中に起こるので、当人には自覚しにくい。

 家族などに歯ぎしりを指摘されたことがある人や目覚めた時に顎に違和感を覚える人は

 歯ぎしりをしている可能性が高いそうだ。

 歯ぎしりによる歯への負担を軽減する方法としては、マウスピースを装着して眠る方法

 が一般的だ。マウスピースは市販もされているが歯科で作ってもらうこともできる。

*私も久しぶり歯科にかかっていますが、歯は大事ですから、これからはもっと気をつけ

 ようと思います。

 永久歯の数は親知らずを除くと28本あるけれど、最低20本あれば、ほとんどの食物を

 噛むことができるそうです。

 8020運動という、80歳になっても20本自分の歯を残そうという運動がありますが、そ

 ういう所以のようです。

 それで、80歳で平均 約10本、自分の歯を持っているそうです。8020に達した人は

 約4人に1人だそうです。

 気をつけなくちゃ・・将来、不自由になっちゃいます。

 

緑のだいこんと羽子板

緑のだいこんと羽子板
緑のだいこんと羽子板
緑のだいこんと羽子板

お花屋さん

お花屋さん
お花屋さん

新装開店したお隣のお花屋さん

花かんざし…可愛いお花です。
毎日の花言葉があるみたいで…

2011年1月22日 (土)

夕やけこやけ・・

夕焼け小焼けで日が暮れて や~まのお寺の鐘が鳴る ご~ん♪

今日は、そんな情景にメロディーが浮かぶような夕暮れでした。

今日は少し過ごしやすい寒さの一日でした。

それにしても、晴天続きでカラカラですね。

今日いらっしゃったお客様は少し離れて山に囲まれて地域の方なので、寒さと雨がないから

農作物が良くないとおっしゃってました。昨年は昨年で猛暑で水不足・・

本当に困りますよね・・

今日は午後から昨年12月から5回にわたり、この地域のマップ作りを市の生涯学習で取

りあげて、市民と学習しながら作る・・というような内容の講座の日でしたので、3時間程

出かけました。

私は仕事の関係の方からのお誘いで、その方は地域の自治会長さんからのお誘いで

私が働くエリアの方で教育者の方も参加なさってました。あとは、地域の街づくりの方、

定年後のお勉強や楽しみに・・とかいろんな方が参加なさってます。

第一回目は東京から高千穂大学の先生が谷中商店街などの例をあげながら、

地域の方と商店の取り組みやマップ作りなどのお話をしてくださいました。

「夕焼けだんだん」という素適な夕焼けを見れるスポットがあるそうで・・

結構いろんなところからカメラを持った方がいらっしゃるそうですね。

そして、その地域のマップにとどまらず、県外などのいろんな所のマップや紹介もあって、

結局、ネットワークがあって全国に情報発信や交流が広がっているそうです。

・・なんて、言っても、短期的な努力ではなかったでしょうし、元気のある方が地域を巻き込

んで徐々に広がりつつある・・というところでしょうか。

近くに大学があったり、学生さんもいい具合に街にとけこんでいるんでしょうね・・

・・・とまあ、そんな風で、本日はテーマの確認、そして、地図を片手に地域を歩いてみま

した。私の入ったグループは地元の食材や食をテーマにお店や珍しいもの、面白いお店や

そのメニューなどを取材しながら歩きました。楽しく、商店の方からもいろんなお話をお聞

きすることができてよかったです。

ちなみに、「イルカのたれ」、「黒はんぺん」、「カレーもつ」、「しらす」(時季によっては

生しらす)、最近あまり売ってない焼きイモを売っている八百屋さんとか、主婦の溜まり場の

おでんやさんとか、地元の食材を使ったユニークなメニューを考案しているお蕎麦屋さん

とか、そのお隣のお茶の歴史やいっぱいお話をしてくださる叔父さんがいるお茶屋さん、と

か・・ぐるっと一周り楽しかったです。

そ~いえば、三月には自治会の街づくりツアーがあって、夕焼けだんだんもコースに入っ

てました。私も参加する予定です。

裏スポットみたいな・・地域の方だから知っている情報・・というのも或る意味、根づいた

真のもの・・って感じでいいですよね。町名も昔のまま残っていないで、結構変わってきて

いるけれど、かえって町名からその場所の歴史が想像できるところなどあるから・・

改名しない方がよかったのに・・なんて思います。

地元のことでも、案外知らない事も多くて、私もこの機会に少し物知りになりたいと思って

ます。

2011年1月21日 (金)

勉強になりました・・

今日は、代理で、講演&懇親会に行ってきました。

私より、多分、5歳位上の女性役員と一緒に出席しました。

演題は「クレーム対応の誤解・錯覚・勘違い~クレームから見直す自店の経営」という

ものでした。

長く高島屋さんに勤務していて、早期退社して、このようなコンサルタントをなさっている

方で川合健三さんと言う方ですが、優しい面持ちとちょっぴりユニークなお話で実践的な

自分達が即対応できるお話でよかったです。

なるほど・・と思うことばかりです。

改めて言われるとこの対処の仕方で右にも左にも行くから、大事なことだと思いました。

現代は、悪質なクレーマーもいるでしょうし、クレームになりえる事態は身近に潜んでいます。

特に覚えておきたいと思ったことは、サービスの良し悪しはお客様が決めるということ・・

自分がこれだけやっているんだとか・・いうこちら側からの目線ではないということです。

クレームを言ってこられるお客様の話をまずよくお聞きする・・というのが大切だということ

・・それから、そのお客様との関係を構築したうえで、はじめて問題の収集、把握をし

真意を確認し、提案、解決へと運ぶ・・ということです。

重要事項は保留し、解答を引き延ばし調査し、答えをだす。

組織ぐるみで対応できるよう、対応のルールを決めておくべきだといいます。

こんな、時代です。いろんな形でのクレームが起こりえます。

接客における直接的な対応や通販などによるTELなどによる苦情、ネット販売などもある

し、いろんな場面やもの、事・・いろんなクレームが起こりえます。

本当に悪質な場合は・・それなりに、そして、そのクレームに上手く対処し、たとえば、

自分のとこの商品の改善、サービスの見直しなどによって、レベルアップしていける

とすれば、クレームもまんざら、いやなもの、避けたいもの・・とばかりいえません。

ユニクロでは依然、クレーム大募集という企画をしたそうですね。

お客様は神様です・・ではないけど、いろんなヒントやアイデアをくれる天の声?

かもしれないですものね・・

今回は、街づくり・・云々のお話をする講師ではなく、こういう身近に起こりえる課題をとり

上げてくださってよかったです。

私も、代理で行ってよかった。

その後、懇親会で美味しい中華料理を食べてJRで帰ってきました。

懇親会では、パワフルな方々に囲まれて、私も少しパワーをいただいてきました。

地域を巻き込んで参加型イベントをうまく取り入れているバリバリ60代の女性など・・

行動できる人って、やっぱり凄いと思います。

やっぱり、明るくて前向きで・・いいです。

良いとこは見習って少しでも近ずづきたいと思います。

美しいと思う文章・・

  

ただ過ぎに過ぐるもの、帆かけたる船。人の齢。春、夏、秋、冬。

      *

雪は、桧皮葺、いとめでたし。

すこし消えがたになりたるほど。

また、いと多うも降らぬが、瓦の目ごとに入りて、黒うまろに見えたる、いとをかし。

時雨・あられは、板屋。霜も、板屋。庭。  

                          枕草子

    「さあ、今日も元気にまいりましょう!」「いってきま~す。」

2011年1月20日 (木)

暦の本から・・大寒(1月20日~2月3日)

●蕗の花咲く    大寒の初候(新暦1月20日から24日頃)

 「日を受けて開ききりたる蕗の花二つならべる二つうつくし」 山下水・土屋文明

 本州から九州にかけ、日本のいたる所、特に山地の路傍、土手、藪の陰などでしばしば

 見かける花。

東アジアにも分布。「款冬かんとう」とも。「款」は「たたく意。冬に氷をたたき破ってはえるので

いう」(新漢和辞典・大修館書店)とある。

花の少ない大寒の頃を代表する花。周囲が「冬枯れ」だけに、その愛らしい姿が目立つ。

「蕗のとう」で知られる。

「フキノトウ」はフキの花茎を指す。

「雪かき分け見れば春なり蕗のとう」(現代川柳・朝倉静子)

古くは、「フフキ」「冬吹き草」である。雌株と雄株があり、雌株に咲く花は白、雄株は

萌黄色の花を結ぶ。

苦みはあるが、酢味噌和えがうまい。刻んで汁の実にも。解熱や咳止めの薬効にも。

「みちのくの緑は蕗のとうよりぞ」   福田蓼汀

*今日も青空が嬉しい一日でした。

 明日、お隣にお花やさんがOPENします。

 通りにとっても良いし、私もお隣に綺麗な花がいっぱい並んでいるのは、嬉しいです。

 寄せ植えの鉢などみたらナカナカ、センス良く並んでました。

 明日は、急遽、代理で、クレーマーについて?の講演兼新年会に出ることになりました。

 歯医者さんの予約は延期しなくちゃ・・

2011年1月19日 (水)

今日もお天気・・

毎日晴れの日が続いてます。

青空は嬉しいけれど、乾燥してるから、風邪にも気をつけて、火事にも気をつけて・・

つい、2,3日前のローカルニュースで「土肥桜が咲いています。」・・と聞きました。

そういえば、沖縄に寒桜「琉球緋寒桜」という桜があるそうですね・・

寒い中、早咲きのものもあって・・花々もそれぞれなんですね。

お正月に実家の庭に白い梅の花が咲き始めていて、びっくりしましたが、

今日、ご近所の白い梅は満開で咲きほこってました。調度、日当たりも良いところです。

実家には紅梅があって、この紅の色がなんとも言えない深みのある色で毎年楽しみです。

そういえば、寒い時は温泉がいい!と思いますが、ナカナカ、家から外にでるのも億劫に

なってしまってます。

やっぱり、私の行動も冬眠状態・・それに、水彩画も始めたから、今日はお休みですが、

少し落ち着いて筆を持ちます。

いつもなら、お休みには、映画にいったりするのですが、今日は静かに暮らします。

温泉ですが、お猿さんがいい気持ちで入っている姿をTVでみたことがあります。

長野県の渋温泉の近くの地獄谷野苑公園で・・そんな姿を観れるみたいですね。

雪の深い季節なおさら気持ちよいことでしょう・・外国人の方から「スノ―モンキー」

と呼ばれているとか・・行ってみたい観てみたいとこは、たくさん・・あります。

私も、春を待つ気分です。

さあ、今から、お昼食べて絵にとりかかろう・・

一昨日から、なんだか自家製コロッケが食べたくてノビノビになっていたので、

夕食はコロッケもつくろうかな・・時間に余裕がある本日はゆっくり、普通の一日を

過ごそう・・と思います。

寒い日でも、陽当たりがよい部屋は暖かくて、嬉しいです。

「 寒々と天に伸びるる枝が揺れ 春を待つ芽は空と風が友」

「冬空に 枝にたなびく花ひとつ まだ見ぬ友は 蕾かたくなに」

う~ん・・うまくできない・・

2011年1月18日 (火)

ちょっと疲れました

ようやく、帰ってきました。

なんだか疲れました。

今日は仕事後、そのまま、新年会に直行しました。

朝から、ビーフシチューを作って出かけました。

今日は店長さんがお休みの日で私一人で終日勤務でした。

今日は塩分のお話が何人かの方から出ました。

健康の為に塩分を控えていらっしゃる方が多いけど、むやみに薄塩の調味料を使うより

美味しい普通の味のものを少量使った方がいいようにも思います。

一番良いと思うのは、美味しい濃い出しを取って塩分控えめの薄味にして、だんだん慣れ

ていくことがいいでしょう。

薄塩仕立ての調味料はかえって添加物が多かったりします。

今日は市の商店会の集まりでした。知らない方とお隣になって、私より6歳ほど若い男性

でしたが、一生懸命、会の為に動いていたり、自分達のエリアに人が少しでも来てくれるよ

うな、しくみを考えていて前向きで、羨ましい気がしました。

私の所属する会などは、今まで頑張ってくださった方、数人が独走してきたので、次の世

代が引っ込んでしまって、と言うより、退いてしまってこういう中堅の方が活躍しないできて

しまった感じなので、とても残念です。

ま~ひとりでもこういうやる気のある前向きな人とかかわって前に踏み出したい・・

と思うのです。まして、これから、否応なしに置いていく身としては、もう少し形をつけて

いきたいんですが・・。

人数が多い分、まとめにくいのかもしれません。

いや、まとめるなんて、大それたことでなく、機能できる気軽にバトンタッチできる役員、

でも、役員が変わるたびに方針が変わってしまっては困る事項については、委員会方式

で任期もなくやったらどうでしょうか・・結局、動ける方しか動けない・・という現実の中で、

大事な委員会を立ち上げて定員数が少なくなった役員と連携して、課題に取り組んでいっ

たらいいと思うのです。

じゃあ、どうやって募集するのか?昨年できた、通りのビジョンなり、これからの計画

やらを実現させるため・・この案を実行するのみだと思います。

今の役員さんも場合によっては来期に役員さんを助ける・・そういう人、何人いるかな?

今日は、少し飲んだせいか尚更疲れました。

自分の思いとは別に、人を動かせない状況に少しがっかりしてます。

自分なりに頑張ってはきたものの、核心の部分を変えられない・・とこが、残念です。

皆、いい人でいたいし、面倒なことはいやでしょうから・・リーダーも誰にでもいい・・

敵を作れない感じだから、からまわりするばかりです。

裏通りをクローズアップさせるような街歩き、昔の街並み、残したい風景は

或る意味、観光地でごった返す所にない味のある穴場です。

そんな、街づくりが箱ものでなく、人や知恵を通して、発信していき、徐々にでも広められ

たらいいですね。人間だって人それぞれのように、街にだって、個性があって、

無理やり作るよりも、そこの特性を生かしたものが・・らしく・・ていいんでしょうね。

多くは望めない・・「モノより、想いで」って、キャッチがあったけど・・

心の時代だな~と思います。でも、ご飯も食べて生きてかなくちゃならないしね・・。

今日は、早く寝ようと思います。

各地は雪でダイヤが乱れ大変なことになってますね。

寒いといえども、雪が降らない私の街は幸いなんでしょう・・

そういえば、素適なお声の細川俊之さんがお亡くなりになったそうですね。

自宅での転倒だとか・・怖いですね。

うちの母も家で転倒し骨折したから、まさか・・のことってありますね。

私も自分に限ってはない・・って、近年知りました。・・やっぱり気をつけなくてはなりませ

ん。

そして、当たり前のことが、当たり前にできることに感謝・・

段々、速度が低下したり、機能が衰えたり、気力が続かなかったり、人間だから、生身

だから、調子良い時も悪い時もあります。

人生山あり谷あり、晴れの日も雨の日もあるから・・

自分も心身共に、長持ちするようにやりたいと思う。

疲れたら休めばいい・・

そんなに、気張らず・・でも志をもって、このちっぽけな私の行く道を歩いていきたい

・・なんて、思います。

2011年1月16日 (日)

1月16日 さむい・・

今日も寒かったですね~

布団から出るのも、勇気がいるし、外出するのも、覚悟がいります。

職場も、足元に遠赤外線の扇風機のような、ヒーターがあるだけで、いちよう空調設備はあ

るものの、店舗が間口が広くOPENなので、効かないのでつけてません。

最初はよくてもだんだん冷え込んできます。

だから、自分自身で防寒しなくてはなりません。

先日、静岡に行った帰りにとっても暖かそうな、ブーツをみつけたので購入しました。

もう、足元はバッチリです。

以前は、手先が手荒れで酷くなったり、ぱっくり切れてしまって、それはそれは痛かったので

ですが、今年は大丈夫・・ホルモンのバランスなんかが変わってきたのかな?

そういう方もいるみたい。それか、オリーブオイルを時々手にも塗っているのがいいのか

も・・

先日、聞いたお話で季節はずれのことですが、枇杷の木はお家にないほうがいいらしいで

す。よくわかりませんが、縁起が悪いのでしょうか・・

とても、美味しいのにね・・

今日は豚汁にしました。体を温めて、ゆっくりするのが一番。

私は寝る時とお風呂にいい気分で入っている時が一番幸せなんていう・・

ありきたりの毎日です。

さっきTVをつけていたら、サザエさんをやってました。

カツオもワカメもいつまでも年とらなくていいですよね・・

ずいぶん、永い間放映されているけれど・・古き良き時代の価値観で暮らしている

サザエさん一家は微笑ましいですね・・

しんちゃん・・なんかはお下劣で・・ちょっと・・と思うけれど、結構、支持されているんだから

皆に近いものがあるんでしょう。

面白いけれど・・家族の形が変わりつつあっても・・サザエさんが変わらないのがいいな~

って思いました。

今日はレッド クリフを観ようか・・なんて思ってます。

では、風邪をひかないように気をつけてください。

2011年1月15日 (土)

心に響く言葉から・・一点の素心

友に交わるには、須らく三分の侠気を帯ぶべし。

人と作るには、一点の素心を存するを要す。    「菜根譚」より

*世は利害得失・打算によって動くけれど、友人との交際では、少なくとも三分の義侠心は

 持ち合わせるべきだ。

 また、自分自身、人としての成長を願うのであれば、どんな状況であれ、一点の素心という

 ものがないといけない。

 一点の素心とは、何者にも汚されない清々しさだろうか。

 それは、言いかえれば、人としての誇り、あるいは、矜持ということかもしれない。

 そして、それを心に秘める者だけが、こころ暖かきことに出合い真の人になっていく

 のである。                      <多川俊映>

2011年1月14日 (金)

歯医者さんへ

昨日は午前中はお仕事、ランチタイムから、絵の教室の新年会+お稽古があって・・

久々に、美味しいパスタランチを食べました。

私は牛肉のトマトソースをからめたまろやかでクリーミーなパスタでした。

皆さんは、黄色いソースの牡蠣が入ったパスタを注文なさった方が多かったです。

レンコンの入ったオリーブ仕立てのパスタも捨てがたかったけれど・・なぜか、カロリーの

多そうなものを選んでしまいました。食後、お絵描きTIMEで、夕方から、仕事にもどり、

(月2回、こんな風に絵画教室に昨年11月より通い始めました。)

そして、勤務後、定例会があって遅くなってしまいました。

2月中旬には空き店舗を利用した、交流館などのお教室やサークルの展示を4日間行い

ます。いつも、担当している無料健康相談と簡単にできる、とってもいい体操を紹介したり

また、ウォ-キングの仕方も理学療法士の方に教えていただいたりします。

また、お餅つきをやったり腹話術をやってくださる方が知り合いでいらっしゃるというのでお

願いしています。

寒~い中、なかなか人が出てこないでしょうが、何故かこの時季になってしまったのです。

暖かいものでもサービスしなくちゃ・・と思ってます。

今日は昨年暮れより歯痛で時々、暖かいものを食べたりすると沁みて痛かったのですが

今日、やっとお医者さんに診てもらえました。

何年ぶりでしょうか・・イケナイト思いつつ検診をサボっていたので、

8020運動、80歳で20本・・自分の歯で食事できるでしょうか・・

「口あけて声も出せない診察台 あなたまかせの まな板の上の鯉」・・なんちゃって~

ちょっと、反省。でも、お口をあけて、ず~といるって、なかなか辛いものがありますね~

きっと、間が抜けた顔をしてると思います。

あの、歯医者さんの機械を目にしたり、機械音が聞こえると怖いので、ずっと、私は目をつ

ぶってます。

いい大人が泣いたりわめいたりできないので、ひたすら我慢・・そして、硬直して、緊張

して・・こんな緊張したこと最近ありません。

とりあえず、週一で通います。

今日も冷えていますね・・明日は、もっと寒くなり雪かもしれないとか・・

夕方、帰り道淡いオレンジ色に染まる空がまだ明るい水色のグラデーションの青で

まるで、水彩画の世界でした。

私もこんな綺麗な空、自分が感じるままに表現できるようになりたいなあ・・なんて思いまし

た。

6月にお教室の展覧会があるそうで・・まだ、入会間もない私も?

たいへ~ん・・少し時間を見つけてはお勉強しなくちゃ・・

とても、人様にみせられません。

でも、小さな目標ができて、ちょっと、嬉しい気もしてます。

なんだか、6月ころまでには、いろいろ形をつけなくちゃならないことがあります。

時期役員さんとの引き継ぎやら、次年度へうまく移行していけるように・・もあるし、

私もず~と先は思い描けないけれど、少し先、5年先位は感じながら生きてきたいと

思ってます。今を大事にしなくては、明日もあさっても、その先だってないから・・。

突然、お迎えが来ない限り、人生はまだまだ、続きます。

 そこそこ暮らせれば、自分らしく、気持ち豊かに生きられればいい・・と思います。

現実は、これから、いろんな問題に直面していくだろうけれど・・ケセラセラでいきたい

と思ってます。

そして、心地よい関係の友人が数人いればいいなあ・・と思ってます。

辛卯

辛卯
こちらは初お稽古で絵の先生からいただいたチョコ-トの小箱です。

「うさぎの上り坂」と諺でもあるように、うさぎは坂を飛び上がるのが速いところから何事も良い方に速やかに進むと言われています。

今、タイガ-マスク現象が広まっていて 心暖まります。
まだ、捨てたものじゃないと…
それから
必要な人に届けられるのがいいです。

2011年1月12日 (水)

今日は水曜日・・

今日はいつものように起床し、空が青くとても良いお天気なので、歩いて出勤・・

あれ?角のおもちゃ屋さんがシャッター閉まってる!

ご主人のお母さんが寝ているから、何かあったのかしら?

・・と通りまで来てみると、角から2軒目の一緒に役員をやっている靴下やさんも?

あれ?お向えの瀬戸物屋さんも?

!!!どうしちゃったの~

・・・・どうかしてたのは、私でした。

律義に休日出勤してしまいました。

通りは水曜日が定休日のお店が多いのですが、駅に近いので無休で営業しているお店

もあります。

今の今まで私の中では、本日は火曜日だったのです。

信じて疑わないと言うのは、怖いことです。

今日は、ごみの日なのに・・そう思っているうちに

TELがかかってきて、「今日、予約入ってますけど・・」

・・そ~でした。美容院の予約入れてました。私の中では、明日行こうと・・

そんな訳で、本日は美容院に直行・・帰宅後、お昼食べて、お掃除して、

そして、水彩画レッスン帳を3枚ほど色塗りし・・この時間です。

私としたことが・・・どこか、世の中の人と違う世界に来ちゃったみたいな・・タイムトラベラ

―だゎ・・

思い込みがこわい不思議な一日でした。

昨日は鏡びらき・・でしたね。

でも、まだ、うちの冷蔵庫でお供えのお餅は眠ってます。

15日には小豆のお粥を作ってみよう・・と思ってます。

多分、ひとりで食べちゃいます。

●小豆と大角豆(ささげ)・・・・サライより

 1月11日は「鏡びらき」が行われ、1月15日は「小正月」と呼ばれる。

 地域によって、1月4日あるいは1月20日に行われる場合もあるが、供えていた鏡餅を

 下げて、雑煮や汁粉にして、食べるのは同じだ。

 また、小正月では豊作や無病息災などを願って、小豆粥を食べるという習慣がある。

 小豆は汁粉や、祝いの膳にのぼる赤飯にも用いられるなど日本人には馴染みの深い豆

 だ。この小豆によく似た豆に、大角豆がある。関東地方では、赤飯を炊く時に小豆では

 なく、大角豆を使うことが多い。大角豆は煮炊きしても皮が破れにくい。

 一方、小豆は炊くと皮が破れやすいため、切腹に通じるのを武士が嫌った名残ともいわ

 れる。小豆と大角豆は原産地も異なる。小豆は東アジア、大角豆はアフリカとされる。

 大角豆は餡にすると小豆より味が落ちるため、かつて小豆より安価だったそうだが、

 現在は、大角豆のほうが高く、小豆の数倍の値が付いている場合もある。

*静岡県の袋井市にある法多山にある厄除け団子はささげを使ってありますが、

 とても美味しいお団子です。串にささった物が、束になっていて軽くて美味しいです。

 ささげは生産者さんが少ないらしく、中国産のものが多いです。

 国産は値が倍以上はすると思います。

2011年1月11日 (火)

朝・・

なかなか布団から抜け出せない私ですが・・・

今日もこの寒さと闘って、冬の厳しさを感じながら、スタートします。

夕方の帰宅時間などは、極寒の地に住むわけでもないのに・・風がたまらなく冷たく、おでこ

当たりがピリッとするような冷え冷え状態です。

足温頭寒・・というけれど・・こんなに寒いんでは、やっぱり、耳まで被るような帽子が

必要かもしれませんね。

冷やすにも、ほどがあるかも・・

もしかして、血流も悪くなるでしょうから、やっぱり頭といえども、この寒さはよくないでしょう。

今日は少しの時間があったのでパソコン前に座ってます。

それから、久しく夜のウオーキングも遠ざかっているのですが、空気の澄んだ冬空に

輝く星座はとても綺麗です。

私も、今日は帰宅が少し遅くなるので、夜空を見上げてみたい・・と思います。

東の空に夜7時くらいには、鼓のような形の星座の真ん中にキラキラ輝く三つの星

が綺麗に並んで輝いているのがオリオン座です。

では、今日もよい一日を・・

2011年1月10日 (月)

お腹(腸)の健康について

お腹の健康について・・わかりやすい記事を引用します。

腸の中では、善玉菌と悪玉菌が縄張り争いをしています。良い生活をしていれば善玉菌

の多い良好なバランスが保たれますが、生活習慣が乱れると悪玉菌が増えてしまいます。

その結果、腸の調子が乱れ、体調不良の心配が起きてしまうことも・・。

日頃から、食習慣やストレスなどに気をつけ、善玉菌が優勢の腸内細菌のバランスを目

指す事が大切です。

●善玉菌(ビフィズス菌・乳酸桿菌など)

 腸内細菌のバランスを良好に保ち、お腹の働きを助けます。

 *善玉菌の特徴

 ・腸を活発にする乳酸や酢酸をつくる

 ・悪玉菌の働きを抑え、腐敗物質をつくらせない

 ・病原菌の侵入を抑え、感染を防ぐ

 ・コレステロールや血圧を良好に保つのに役立つ

● 中間的な菌(大腸菌=無毒株、バクテロイデス=無毒株)

 腸内細菌の中でいちばん数が多い菌。優勢な菌に便乗することがあります。

●悪玉菌(ウェルシュ菌、大腸菌=毒性株、黄色ブドウ球菌など)

 健康な人の腸内にも存在しますが、たんぱく質や脂質が中心の食事、不規則な生活、

 ストレス、便秘などが原因で増えてきます。

<食生活に気をつけよう>

・朝食はきちんと食べよう

・暴飲暴食をしない

・スムーズな排便の為にも、適切に水分をとろう

・油、脂質も便の滑りを良くするので、ダイエットなどで極端に制限すると便秘になることも

 オリーブ油や青魚など良質なものを適量とると良いでしょう

・食物繊維をとろう。

・善玉菌の代表「乳酸菌」を取り入れましょう(ヨーグルトやチーズなどの乳製品をはじめ、

 味噌、醤油、漬物などの発酵食品にも含まれています。)

食について少しは、いろんなことを知ってはいるつもり・・でも、最近、生活が不規則にな

ると、実際、バランスよい食事を作れてない事も多いです。

三百六十五日 三食の食事は健康を作っている源でもあります。

私も改めて気をつけようと思います。

2011年1月 9日 (日)

第68項 水泉動く・・・暦の本から

●新暦1月10日から14日頃

「水泉」は、地中から湧き出る水のこと。

略本暦の原文では、「水泉動」で、「しみずあたたかをふくむ。」

凍りついた地中の泉が、かすかにあたたかさを含む時季。

とはいえ地上は厳寒の季節。

*雪

寒は、降雪の季節。

「小暗きに降りくる雪は天よりの白き仮名文字とめどもあらず」   

                               白き仮名文字・大塚布見子

雲の水滴が凍結し始める温度は、氷点下20度。

氷点下40度ほどで氷の結晶に。

この結晶が地上に落下する途中で水蒸気に触れ、さまざまな雪の形が。

六角状がもっとも多い。これを「六花」(むつのはな)とも。

寒い地方ではさらさらした粉雪に、関東以西では、落下途中で雪どうしが

くっつき「牡丹雪」になることが多いとか。

「雪の庭口誰が踏み分けて 

 二の字くずしの下駄の跡

 積もる思いにいつしか門の

 雪がかくした下駄のあと」   古典都々逸

樹木から垂れ下がった雪を「雪紐」、門柱などに積もった雪を「冠雪」、電線などに

凍りついた雪を「筒雪」とも。

また積もったばかりの雪は「新雪」、表面だけが溶け、凍りついた雪は「ざらめ雪」とも。

「かぎりなく降る雪何をもたらすや。」   西東三鬼

農家では、大雪は豊作の前兆。農作物に必要な「雪解け水」が大量に流れ出すため。

私の住むところは、2,3年に一度くらいしか雪が降りません。

・・といっても、見渡せる小高い山は少しは雪が積もったりすることもあります。

だから、幼い頃は、子供心に、稀にみる雪景色は心踊るものがありました。

もう、何年も雪は見てないです。

明日は、一月の第二月曜日で成人の日ですね。

いつからか1月15日でなくなりました。

祝日が月曜日に、ことごとく変わり、今日は何の日?なんていう感じなので・・

いいのか?悪いのか?・・と疑問に思うところもあります。

それにしても、政治も経済も不安定な世の流れに若い人が希望を持ってやっていくのは

難しい・・気がしますが、昨年よりも少しでも、今年が上向きになればよいなあ・・と思いま

す。社会が小さくなっていくとしても、夢や希望が持てる世の中であってほしいなあ・・と

思います。そして、一人一人を生かせる価値観をもてる世の中であってほしいなあ・・とも

思います。

「雛鳥が 羽ばたく空に 親鳥の 優しい眼差し 軽く背を押す」

*寒いです。家の中でも、温度が違います。暖房が効いた居間とトイレやお風呂場では

大分、温度が違うと思います。この温度差、気をつけなくちゃ・・なんて思います。

皆さんも、お気をつけください・・

2011年1月 8日 (土)

凍みる寒さです・・

ここのところ、本当に寒いですね。

・・中部地方に住む私などは、北国に住む方に比べたら序の口で・・

大雪で被害のあった地方の方のことを思うと・・申し訳ないくらいですね・・きっと。

でも、寒いのは苦手です。

朝もお布団から、抜け出すのが大変になってきました。

今日、ある方とお話していたら、高崎は達磨さんで有名ですが、お嫁さんの実家から

毎年、達磨さんを頂くそうです。

それが、赤い達磨さんと黒い達磨さんだそうで、「黒字になる」ということで、その方のお家は

御商売をやってらっしゃるので、縁起をかついでいるんだそうです。

黒い達磨さんとは知りませんでした。

お仕事や学校が始まったばかりだと思ったら、今日から又、三連休の方もいらっしゃるでし

しょう。

街なかは、賑わうわけではないけれど、身も心もお正月気分、お休み気分はなかなか抜

けません。

段々と加速して、さむ~い冬を越えて、暖かい春を待つとしますか・・

素適な歌があったので記します。

    降って止んで溶けて流れて雪片は

     お仕舞いのなき旅の途中よ          

                              熊谷龍子さん

2011年1月 7日 (金)

七草

昨日は寒さのせいか、胃の当たりからお腹が痛くなり・・・

こんなデリケートな私ではなかったはずなのですが・・

今日は朝は七草粥に、お餅を少し入れて食べます。

少し疲れている胃腸に優しいと思います。

昨日の話だと温暖な私の住む地域でも今日の気温は-3℃の予想でした、実際は?

今日も冷えてます。皆様もくれぐれ体を冷やさないようにお気をつけください。

TVをつけていたら、野鳥の謎の大量死のニュースが取り上げられていました。

カラス、白鳥、ムクドリなど・・何だか怖いですね。

一昨日は静岡県のある川でもタナゴ?などのお魚の大量死のニュースも聞いたばかりです

でも、薬物などの検出はなくて、近くに鯉が泳いでいたとか・・

???なんだか、みえない侵入者がこの世界を静かに侵略しているのでしょうか?

~~な~んて、人間社会への警鐘でしょうか?

暦の本から●七草

「七草の節句」の略。1月7日「七草粥」を食べて祝う。

七草とは、古くは「粟」「稗」「蓑」「胡麻」「小豆」「黍」(きび)などの穀類だったが、

現在は「芹」「「薺」(なずな)「「御形」「はこべら」「仏座」「鈴菜」「すずしろ」などの若菜を指す

「七草の更に嫁菜を加へけり」  虚子

6日の夜、清めたまな板の上で包丁と摺子木(すりこぎ)を使い七草を28回叩く。

当日の朝に、更に21回かい叩いて粥に入れる。古法にのっとった、正しい「七草粥」

の作り方とか。

「四方に打つ薺もしどろもどろかな」    芭蕉

江戸時代には「人日」じんじつと呼ばれ、五節句の一つ。中国では唐の時代からの風習。

2011年1月 6日 (木)

小寒

いよいよ「寒の入」に。新暦の1月5、6日頃。

小寒15日、大寒15日と続き、一年のうちでもっとも寒さが厳しくなる時季。

「うす壁にづんづと寒が入りにけり」      一茶

*今日は小寒・・やはり、一段と寒くなりました。

 昨日はめづらしく、近くのスーパーや郵便局に行く以外は家で過ごしました。

読書をしたり、一昨日本屋さんで買ってきた、「15分水彩練習帳」なるものを開き、彩色し

てみました。ホント~に初心者ですから、悪戦苦闘しながら楽しみました。

12月に美術館へ行った時に購入した、ゴッホのひまわりの下絵の色塗りもやってみたり

して素人だから、出来不出来なんて関係なく楽しみました。

昨年暮れから、私の初めの一歩・・水彩画入門です。

たまたま、縁あって、良い先生が身近にいたので良かったのですが、気軽に入り過ぎて、

見渡せばみんな5,6年、もっと長~くお稽古にいらしている方が多くて、思いっきり能天気

に入ってしまった手前、ちょっと知らないと恥ずかしいかな・・先生も手取り足とり・・じゃな

いだろうし・・なんて、少しかじってみました。

結構、一生懸命になれる時間って楽しいです。

さて、今日も始まりますね、お仕事、お仕事・・元気に頑張りま~す。

なるほど・・   不障増上

多川俊映さんの心に響く言葉から 

なるほど・・と思うので、ちょっと長いですが、そっくりそのまま記します。

「私たちは何気なく、縁起が良いとか悪いとかいう。あるいは、縁起でもない、と睡棄すべき

対象に用いる。こうした縁起という言葉のイメージは、ほぼマイナスであろう。

しかし、縁起とは元来、因縁生起の意味。つまり、すべては、因(直接の原因)と縁(間接の

原因)とによって成立している、ということだ。その、すべてのことがらの中には、当然、

私たち一人ひとりの存在も含まれている。

その場合、<私>というものが因で、それをまわりから増上する(盛りたてる)のが、縁だ。

むろん、オレやワタシの努力もある。しかし、まわりのさまざまな協力や後援がなければ、

<私>は立ちゆかない。縁起とは、そうした自己の成立事情を示しているのだ。

こうした、縁に、与力増上と不障増上がある。前者はいわば頼りになる人、後者は頼りにも

たのみにもならない人のことだ。

常識的にみれば、不障増上縁とは、どうでもよい人々だろう。しかし、それさえも、<私>

の成立に何ほどか係わっているという指摘、それが不障増上なのだ。

それを、私達は無関係だと切り捨ててしまう。が、それも、自己成立の豊かな土壌と思え

ば、その中に与力増上の人を発見できるのではないか。」

2011年1月 5日 (水)

寒そうな言葉・・暦の本から

*厳寒

「厳寒に生きるということは耐えること」    現代川柳・大橋美智子

*しばれる

「空見えぬ海峡かしぐしばれかな」      新谷ひろし

*凍る

「淡々と降りたる雪の凍る街駅より起きていく幾人か」   埃吹く街・近藤芳美

*底冷え

「底冷えに妥協の酒をあたためる」       現代川柳・広本芳水

 

*寒の雨

「雁さはぐ鳥羽の田づらや寒の雨」       芭蕉

新年会

今日から仕事始め、それから、新年会もありました。

昨年、12月20日にOPENしたばかりの理事長のお店で行いました。

明るくて、暖かみのある和風の小料理屋さんです。

40人くらいまでの宴会もできるスペースです。

いろんな課題のあるS会の集まりですが、何事も基本は仲良く・・と思ってます。

何処の集まりもそ~でしょうが、役員のなり手がなかなかない現状に・・

一部の自分でなくちゃ・・という永年の経験者の想いと、無責任に任せっぱなしにしてきたの

に、文句ばかりで手を出さない人もいて・・

私など初心者で重い役についてしまった人はなかなか勉強になった一年半でした。

・・といっても、あと残り半年、さまざまな思いはあるけれど、最後までお役目は全うしたい

私です。2月には、イベントがあり、ほとんど委託状態ですが、しっかり企画しスムーズに

進められるように段取りをしなくてはなりません。

その前に、次期役員改正の件があるので・・今後、選挙役員をだすのかど~かが課題に

なってきます。

組合員の数も減ってるので役員数も減っていいはずですが、逆に動ける人が少ないから

薄く数を増やすという一部の大きな声の方がいて、皆さん、異議がなければ、その方向に

流されてしまいそうで・・意味がない選挙を行う意味があるのか疑問です。

人を動かすというのは、頭がいいとか、戦略がいいとか、ばかりでなく、人望もなくては

なかなか人は動いてくれません。

まして、上から目線のTOPだとなかなかむづかしいです。それは、以前の役員さん達、

先鋭部隊でしたから・・。功績も多かったと思うのですが、それほど感謝されてないのが

気の毒なくらいです。

私は間違えて、初めて役についてしまったので、この一年半なかなか

勉強になりましたが、苦しい部分もありました。

良かれと思っての自分の意見が通らないこともままあるし、同じ目的に向けての方法も

テンポも違うこともあって、あっちいったり、こっちいったり、人の間をうろうろしている時

もありました。結局は自分なりに動くしかなくて、この会がまとまらないのをほっとけなくて、

ひとりよがりな感じで動いてた感・・もあります。

皆が手を出さないから、私も手をださない・・TOPのかたに問題提起せよ・・っていう点も

あったかもしれませんが、味方につくのでなく突き放すことができなかった私は、結局

遠回りさせちゃったのかしら・・

でも、それこそパニックになってしまって、迷惑をかけてしまう、後手後手に回ってしまう・・

と思って、思わず動いてきちゃいました。

それが、よかったかど~かわかりません。

私は他の役員さんと一人を除けば皆と仲良くやってこれました。

それぞれは、皆、不平不満があるようで仲良くない方たちもいるけど、聞き流してきました

目の前にある仕事だけを動かそうと・・きたけれど、私がぽ~んとほおり投げたり、

退いてしまった方が、皆がまとまれたのかな~なんて思うと・・少し考えちゃいます。

TOPの方が不器用でも、かなり御苦労なさっていたので、文句いうより手伝いに回った私

です。

新年に、いろんな課題を進めていかなくてはならないので、ちょっと心配です。

ま~今日はもう寝ます。楽天主義と前しか見えない私だから、大丈夫です。

おやすみなさい。

2011年1月 3日 (月)

お雑煮

私はお雑煮が大好きです。

地域によって、日本全国いろいろなお雑煮がある・・というのは知るところですが・・

私の住む中部地方、静岡県は関東仕立ての出しのきいたお醤油味です。

中に入るものは、我が家は、大根、サトイモ、鶏肉、かまぼこ、京菜、そして、お餅、それに、

鰹節と島田のり・・と言う青のりをかけて食べます。とっても美味しいです。

関西では西京味噌を使った白味噌仕立てのお雑煮が有名ですね・・

おせち料理も何日も続くと、やっぱり、飽きてきますよね・・

でも、日本の文化だから、なくなってしまっては、寂しいし、ほんの少しでも味わってほし

い・・と思います。

今、食生活において、食材も年中手に入れることができ季節感も、旬・・な時期もわからな

くなってきていて便利なようですが、良いばかりじゃないと・・思います。エコでないという感

じもします。

野菜などは年中手に入れるようにするため、わざわざ適した環境を作るため燃料を使うん

だったら、そうですよね・・

今、なんでもありの時代だし、合理的でもあって良いのですが、節目というのを肌で感じる

ことも少なくなっているような気がします。

人間は便利さと引き換えに、大事な何かを失ってるのかもしれません。

地球温暖化などによる、昨年の猛暑からしても、気候がかなりおかしなことになってます

人間もおかしなことになっているような事件も昨年は多かったですね。

今年は、どんな年になるのでしょうか・・・

昨年より、少しでも明るい年であってほしいと思います。

●雑煮  ・・暦の本から

正月前日の大晦日の夜、年神を祭る意味で、さまざまな収穫物「百味の供御」(ひゃくみの

くご)を、1つの鍋で煮て食べたことが始まり。

地方によって食材は異なるが、たくさんの収穫物を一緒に煮ることから「雑煮」。

神とともに膳を囲む風習は古くからあり、これを「直会」(なおらい)とも。

雑煮はこの「直会」の代表的な食べ物の一つだったとか。

「雑煮餅妹が位牌にまづ供ふ春としもなき家内のしづもり」(寒蟬集・吉野秀雄)

2011年1月 2日 (日)

1月2日  万両

万両  

お正月の縁起物として知られているものに、植物の千両と万両があります。

どちらも冬に赤い実をつけますが、実をつける位置が異なります。千両は葉の上に、万両は

葉の下に垂れさがってつきます。

一説に貨幣の万両は千両より重いので、実が垂れ下がるほうが万両と称されるようになった

といいます

千両、万両とくれば、百両や十両、さらには一両はないかといえばあるそうです。

百両はカラタチバナの呼称で、十両はヤブコウジ、一両はアリドオシとされます。いずれも

冬に赤い実をつける植物ですが、実の数が少なくなるにつれて、呼称の金額が下がる。

アリドオシは呼称の中では、もっとも、少額ですが、千両と万両と組み合わせると「千両、万

両、有りどうし」と語呂合わせで「大金が常にある」という意味あいとなり、格別におめでたい

縁起物とされるそうです。(サライより)

*今日はお掃除にあけくれ、年賀状を少し書いて・・もう、夕方です。

 映画でも観に行こうか・・思案中です。

2011年1月 1日 (土)

今年もよろしくお願いします。

●元日

「元」は始め。古くは「ガンニチ」。

文字通り年の始め。

年・月・日の始めから「三始」。

また元日の朝を「元旦」「鶏旦」「歳旦」「大旦」(おおあした)とも。

●正月

「道ばたの土めづらしやお正月」    一茶

一年の始まりは、古くは正月の満月の夜だったが、暦の導入により、元日が年の始めに。

この風習は京都から、地方に伝わり、さらに新暦が採用されるようになってからは1月1日

を年始めとする習わしが一般的に定着した。

盆に非常によく似た性格を備え、正月と盆の月に行われる行事は、他の月に比べより

重要な意味を持つ。両者ともに「魂祭」であり、半年をはさんだ1月と7月には類似行事が

多い。

正月の「火祭」に対して、盆は迎え火、送り火などの行事が。

正月の「火」は、年の始めに悪霊を追いはらい、盆の「火」は、祖霊を迎え送る道筋を照ら

す。農事に関する儀礼も似かより、その数も多い。

正月は、稲の収穫を終え冬から春へ向うまで、次の豊穣を祈願し、盆もやはり収穫を祈る

「新しき年のはじめに豊の年しるすとならし雪の降れるは」 万葉集・葛井諸会」。

*明けまして おめでとうございます。

 今年もよろしくお願い致します。

 今日はお天気も良く、初日の出も見ることができたようですね・・

 内の実家の梅も気が早く一つ、二つ、花が開きました。

 「新年に春を告げる梅の花 小さな花びら いとしく思ふ」

「元旦に ほころぶ花びら 梅の花 幸せ願う ささやかな思ひ」

明けましておめでとうございます。

明けましておめでとうございます。
明けましておめでとうございます。

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »