« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

2010年11月

2010年11月30日 (火)

暦の本から・・ 「北風葉を払う」

10月中小雪の二候

新暦十一月二十八日から十二月二日頃

「北風や波に隠る、佐渡島」  (青木月斗)

原文は「朔風払葉」。朔風は「朔は北の方角。北風」広辞苑とある。

この頃の北風は、上空三千~五千メートルを吹く北西の冬の季節風。

日射により空気の上下の対流が起き、上空の風が降り地上を吹き荒れる。

「身に染みる北風にむかふ老いの足押されよろめく吹きのすさみに」 (冬木原・窪田空

穂)

さらに、大陸から強い寒気が発生したとき、この吹き出しを、特に「木枯らし」と呼ぶ。

古くは「こがらしといへる風あり、冬の初めに木の葉を吹き散らす風なり」(俊頼髄能)とある。

北日本では十月、関東以西では十一月以降に吹く。

気圧配置は西高東低。前日より二~三度気温が低くなり、十メートル以上の北風が吹くと

「木枯らし」になるとも。

気象庁の風力階級によれば、8~10.8メートルの風速は

「葉のある灌木が揺れ始める。池や沼の水面に波頭が立つ。」

それ以上の10・8~13・9メートルでは「木枝が動く。電線が鳴る。傘はさしにくい」とある

「海に出て木枯らし帰るところなし」(山口誓子)

木枯らしの第一陣は、おおむね十一月中旬が多いという。

また、第五十七候の「小春日和」は「木枯らし」と「木枯らし」の合間に現れることが多い

とも。

「待ったしあわせつぶやく窓へ たたく木枯らし気配冬」(現代都々逸・藤井米子)

2010年11月29日 (月)

キクイモ を ごった汁で食べてみる・・

昨日は先日、朝霧で買ってきた キクイモ を使って、残り物を色々入れて、

ごった煮でなく、豚汁に変わるごった汁を作ってみた。

牛肉とホウレンソウが中途半端に残ってるし、大根、厚揚げ、最後に海藻まで入れて

もちろん、キクイモも皮をむいて、スライスして入れてお味噌仕立てでできあがりました。

田舎くさい、でも、暖かいおつゆになりました。

寒い時は、暖かいものがいいですよね~

キクイモは奈良に行った時も売っているお店があって、気になってたんです。

高血圧、糖尿病、お肌にも・・、コレステロール、痩身にも・・良いらしく

なかなかの優れ物みたいだから・・見かけは、お芋のような、生姜のような形で、

おいものでんぷん質という感じではなく、こりこり感のあるたんぱくな味で、火を加えると

ちょっと、もっちり感があるかナ・・

決して美味ではありませんが、体に良いというとこが、売りかな・・

でも、ま~ま~のお味で美味しくお汁を食べました。

ちなみに、昨日は豚キムチとこのごった汁・・

ちょっと、濃厚な夕食メニューになりました。

今、はまっているもの・・TVでダイエットに良いと放送されたらしいけれど、そんなのは

全然しらなかったけれど・・「しょうが紅茶」、私のは山本漢方の製品です。

ホントは、紅茶に生の生姜をすり下ろした方が、効くかもしれませんが・・

そ~です。きくいもと一緒に購入してきた「手づくり ジンジャーアップ」という、生姜の加工

品・・新商品として話題になって新聞にも記事になったようですが・・

乾燥させると生姜はさらにパワーアップするらしいので、私はこのシナモン入りと黒糖入り

のを2種類買って、一つは母にあげました。

お料理に使ったり、紅茶に入れたり、そのまま、お湯を入れて飲んでもいいようです。

黒糖が生姜を柔らかく飲みやすくして、美味しいです。

これからの季節、体を冷やさないように・・体を温めて元気にいきましょう・・

2010年11月27日 (土)

白い月・・

   見上げると まだ薄い灰色の空に 白い月

   遅くなってしまった・・と なんとなく虚ろな気持ちで 月がたたずんでいる

  朝陽が輝く前に 地上の全てのものに 光を照らす前

  後ろから押され 退場してく人みたいに

  少し呑気にマイペースに

  そこに 白い月がある

  

2010年11月26日 (金)

想う・・

今日の健康相談はいつもより人数が少なかった・・

平日の何もイベントの無い日だし、ここ数年、ますます人どおりが少なくなっている流れの

中、いつも、イベントの事も、効果を考えると、ど~だろう?・・と思う。

中途半端だと、ホントにかすってしまいそうだし、かといってお金をかけてもたくさんかけたほ

どの効果を望めないので・・苦しいとこです。

今回も出来たら、ワゴンセールと一緒に行いたかったけれど・・

時間的な余裕がなかったのと、やりたい人ばかりじゃないので残念だけどやめました。

私なんか、ダメ元で・・なんでも進むけど、やってみなくちゃわからないことだってあるから・・

皆、諦めぎみで、私はとても残念に思う。

どうやってアピールするのか、得、や熱意を伝える・・のが大事だと・・そして、何かしら

いい気分でお客様を帰すのが大事じゃないかと・・思う。

個店のそれぞれのお店の販促だったら、わかりやすいけれど・・

全体の販促としてはどういうをやっていくことが、有効であろうかと考えるとむづかしい・・

まして、業種も単価も、いろんな状況が異なっていて一律にできないから、

皆、自分とこで、精一杯だから・・でも、もっと販促に関しては、勉強していくつかのグルー

プで取り組むのも大事じゃないかな・・と思う。

時季や、旬なども・・によって売りも違うのだから、もっと方法はあるはずだと思う・・

なんかやればいいってもんじゃないような気がしてます。

全体のイベントよりも、個店がもっと光るような広告の方がよくないかな・・なんて

こんな、流れの中だと、直接的に物を買っていただくというより、人の流れを作ること

アクセスだったり、目的地がそこにあったり、必然的な人の流れ・・

そして、福祉的な貢献施設、コミュニケーションの場が通りにあり、皆が意義を感じる

通りになることが大事だと思う。

後は必要で、価値あるものであり、他にないものであれば、わざわざ来てくれるでしょう・・

ボランティアについては、私は時々、ホントに人の為になってるのかな・・と思うものもある

かこつけだったり自己満足だったりする、ホントに必要な人に届いているのかな・・

と思うとボランティア的な仕事をやっている方の気持ちを満たしているだけの・・ような

そんな気がして、ま~それも一種の相互関係だけれど・・

なんだか、事業仕分けしてもらいたい気分にもなる・・

なんでも、答えはなかなかでない・・

何処を、良しとして、成功だとか失敗だとか、基準を決めるのかむずかしい・・

高いレベルを世の中に求められない・・それは、無理だと知った上で臨まなくてはいけない

きがする。少なくても、自己満足だけのものでは、贅沢な気がする。

自分ひとりで自分の責任におけるものならいいけれど、公のもの、いろんな共同で行って

いるものに関しては、金銭の問題も関わってくるから、なるべく公平で、目指すものも

同じであるべきだと思うから、原点を考え直すのが大事かなあ・・なんて思うのです。

今日は・・

今日は年に3回ほど行う無料健康相談の日です。

商店街の空き店舗を使って行ってます。

それに加え、昨年ご協力いただいた健康つくり推進課の方に、市の推奨する体操

と、効率的なウォ-キングの仕方をアーケード下路上スペースで教えていただきます。

たくさんの方に参加していただきたいとおもっています。

私は特に、広報とこの健康作りを担当してきたのですが、後、半年ほどのお勤めですの

で、今後も次期の方がこの健康つくりの部分を残して行ってくれるのならいいのですが、

その後のことは次期の方たちの考え次第です。

ただ、できたら、継続させてもらいたいし、私も人出が足りないのならお手伝いしようと

思ってます。

実は、今日、以前、商店街にあったブティックの店長さんが移動で浜松に行ってしまったのだ

けれど、こちらに来るというので、むりやり合間にランチするつもり・・

私より7歳程下のかわいい人で仲良くしてました。

楽しみです。

続きはまた~

2010年11月25日 (木)

暦の本から・・「小雪」

新暦では11月22日、23日ごろにあたる。

雪とはいえ、実際に根雪や降雪を見るのは、北日本の山沿いの地方だけ。

大ならざる雪、おしめり程度の雪という意味から「小雪」。

 第58候  虹かくれて見えず(10月中小雪の初候 新暦11月23日~27日)

虹の出る条件は、強い日差しと雨滴である。

冬の気配が濃いこの季節は、陽光も弱く虹をほとんどみかけなくなる。

虹がかくれてしまう現象は、暦の上では季節が本格的に冬に入ったことを証す。

第15候(4月15日~19日)の「虹初めてあらわる」と対をなす。

「虹立つも消ゆるも音を立てずして」          山口波津女

2010年11月24日 (水)

いいかも

いいかも
いいかも
いいかも

秋の一日・・いろんな方とおしゃべり・・

今日はバスで吉祥寺の商店街と横浜のコレットマーレ・・に出かけました。

商業関連の視察です。

もちろん、人の数も流れも全く、都会で、私の住む町とは雲泥の差ではあるけれど・・

他を知り、己を改めて知るというか・・

消極的な欠点も良き特徴だったりするのかな・・なんて、

自分の街をもっと愛そう・・と思いました。

そして、近年進みつつある再開発事業も着々と進みながらも

まだ、先ゆきが見えない世の中の流れに、箱ものよりも、熱い思いで動く人達が集まれば

変えられると・・思うのです。

近隣にまだまだ大型ショッピングセンターができる予定の中、私達のくたびれかけた町を

マーケットとして参入してくる企業に驚きさえ覚えるけれど・・

益々競争と弱者がつぶれていく流れに中で、どれだけ個性あり消費者に魅力があり

喜ばれるお店になれるか・・そして、採算ある経営ができるのか・・と思う。

知恵をしぼり、ハートフルであり、飽きさせない企画も展開し、自分も楽しめる仕事ができ

れば、そこそこ食べてければ良しかな・・なんて思います。

他者と比べて、ど~だとかでなくて、自分たちの街の売りは何か、ダサいのなら、それなり

にダサい町の人間臭いカラ―を推し進めるのも、いいかもしれない。

そして、中途半端な街並みでなく、景観もそれなりの統一感をもった町になればいいなあ

・・と思う。

今日は、朝からバスの中、視察、帰りの飲み会・・とおしゃべりづくめで・・楽しいけど

ちょっと、疲れました。

そして、帰りの集まりの中では、酔っ払いの相手をして・・なんだか、寂しい気持ち、

複雑な心境になりました。

共通する境遇をもっているので、わかる部分もあるし、しっかりしてよ!ってとこもあるし

結構、人間て弱いところがあるので、私自身も年取ってきたせいなのか、切ない気持ち

にもなる。好きなタイプではないのに・・

いろんな事は横に置いておいて、やっぱり、不幸せでいてはほしくないな~と・・

自分の心に傷があると・・いうより、大事な人を傷つけてしまったという心に傷があるのか

な・・と

100%努力したのなら、もう過去を振り返るのはやめよう・・

どこかで、ダメな結論をださないと・・先にも進めないと思うから・・

後ろは振り返らない・・

振り返らないでほしいと・・何だか、寂しい後ろ姿に

シアワセを祈る気持ちになりました。

2010年11月23日 (火)

神との対話・・から

     Nov・ 23

    まず、静かにすることだ。

    外の世界を静かにさせて、

    内側の世界が

    見えてくるようにしなさい。

2010年11月22日 (月)

お買得おでん・・

今日は、まる一日ひとりでぼちぼちお仕事で・・

とりあえず、早くて7時半頃の帰宅だろうから、朝、御飯だけは多めに炊いておいて、

白米だけはOK・・

本日は、一日雨が降り、時折、大きな音をたてるほど激しく降る時もあって

帰りは歩いて帰るのを断念し、バスに乗りました。

その前に通りにあるお弁当や総菜を売っているお店で、おでんを購入しました。

今夜のおかずはおでんに決定。

ラッキーなことに通常84円のところ、月曜は1本63円のお買得デーだったらしく

手間暇を買う暖かいおかずとしておでんに決定しました。

冷蔵庫には、先日の5日間、大丈夫の生めんのおそばもあるので、

ちゃちゃっとおつゆを作り、月見肉そば & おでんに決定、でき合いのおでんなんて買っ

た事なかったけど、も~時間ないから、これで決定・・

私はおでんといえば、玉子、厚揚げ、こんにゃく、だいこんが好きですが、

お肉、じゃがいもも購入、ソーセージなんて、食べたことないけど、加えてみました。

明日は夜、会合が合って、12月のイベントのことや、役員決めの事、いろんな

状況が変わってきているので、変更事項など大事な話し合いになります。

実は早いけど、うちの職場の忘年会もあるのですが、私はやむなく、途中で抜けて会合に

でます。

あさっては、東京方面に視察に行きます。

よその土地、街を見てきます。・・といっても、自分とこにあてはまるばかりじゃないけれど

半分、お遊びで楽しんで視てきます。

なんだか、最近目が疲れます。

お知らせ担当としましては、ここのとこの状況をうまく伝えなくてはならないし、

うまく運ぶように持ってかなくてはならないと、課題も多いです。

うまく引き継ぎできるよう、来期の人がやりやすいように形を整えてかなくてはなりません。

考えると頭が痛いですが、皆さんの協力が得られれば・・なんとかなる・・と

そして、最初から高いレベルを求めなければ、なんとかなるか・・と思います。

昨日は久々に友達と夜のウォーキングを1時間程しました。

気持ちよかったし、バタン、キューでした。

今日も早く瞼がとじちゃいそう・・です。

2010年11月21日 (日)

淨頗梨・・心の鏡

淨頗梨の鏡・・人が生前に行ってきた悪行の全てをDVDのように映し出すらしい・・

閻魔様が持ってらっしゃる審判のお道具といえるのでしょうか・・

怖いですね~~

一点の曇りもない鏡だそうです。

一昨日、忍野八海に行って見た池の底が、そんなどこまでも澄んでいて、底の底まで

見えたので・・なんだか、この鏡を思い出したのです。

人は誰かが見てないからって、ばれなければいいからって、小さな罪をクリアしてしまうと

危ない 危ない・・だんだん悪に転がっていくような、嘘を隠すために雪だるま式に大きくなっ

ていくような、文字通り、自分が見えなくなっていく、自分をみうしなっていく・・

閻魔様の淨頗梨にはしっかり、映し出されます。

でも、本当は自分自身が気づいているのに、気づかない振りをしてる・・といえるのかも・・

近年はかたや青少年に見せたくない本や映像が出回っていて、TVでも時に過ぎた殺人事

件のドラマがあったりします。

私も、推理小説はひと頃良く読んだけれど、えげつない表現や残虐な映像は若い人に悪

影響を与えかねないので、放映してほしくないと思う時があります。

特に、小さな子供の目に入れたくないと思います。

かたや、心の教育・・と叫びながら、かたや、なんでもありの視聴率を意識しての番組を作

り続けるのはどうかという気がします。

良いものだったら良い影響が広がるけど・・無意味な、くだらな過ぎる番組は

大事な感覚も感じ方も鈍ってしまう気がします。

なんでも、ありの時代、自由であり、個を尊重する時代だけれど

畏れをしらないところが恐ろしいのであって、小さい時からの善悪の教育や、命の大切さ

をもっと身近な者が教えていかなくてはいけないのではないかと思います。

時には閻魔様や神様にも登場してもらって、お祖父ちゃん、御祖母ちゃん、お父さん、

お母さんが、畏れを教えることも大事ではないかな~と・・

家族関係も今、変わってきているので、怖い存在がない家が多いと思います。

家の中に神様や閻魔様がいては困るけれど、大事な時には雷も落とさなくちゃ・・ネ

淨頗梨の鏡・・

それは、閻魔様の鏡・・そして、自分自身の心の鏡かもしれない・・

一点の曇りのない鏡・・

私も大きな間違いがないように気をつけよう・・

2010年11月19日 (金)

秋を味わいました・・

今日はお天気が、本当によくて、暖かい日差しが優しい一日でした。

富士山の近くまで行くから、、しっかり着こんで出かけたので、汗をかいてしまう

ほどでした。

本当に美しい富士の姿が雄大で、まだ、雪化粧したばかりの姿に青い富士山が男性的でし

た。

時に、優しい女性的な感じを受けることがありますが、今日の富士山は男性的な感じを受け

ました。

まず、富士宮の浅間神社にお参りし、木花之佐久夜毘売命に会いにいってきました。

以前、父が家族それぞれの守り神、というか、それそれの性質を調べたところ、どういう解釈か

?私の神様は木之花佐久夜毘命だったので、なんとなく、近く感じている神様です。

それから、朝霧高原のミルクランドに行って、バター作りを体験し、ミルクざんまいのバイ

キングの昼食をいただいてから、河口湖へ・・

なんと言っても、紅葉がすばらしかったです。

紅葉の赤い葉っぱの色は、桜が散る前の満開の時の儚さと狂おしさに似ている気がして、

時にこころにざわざわとさざ波立つような、高揚する感情が生まれてくる気がします。

美しい赤です。

秋の良き日に空、雲、山、湖、色づく木々の中に自分がいることができて・・

流れる時の中で、自然の雄大さと繊細さと、澄んだ空気と光の中で、赤や黄色のコントラ

ストが一枚の絵のようです。そして、道行く人々も皆優しい表情をしています。

自然に抱かれているようで・・瞼に、脳裏に、心にしみる風景でした。

それから、一路、忍野八海へ・・

忍野八海は富士山からの伏流湧水によりできた八つの湧水池。

日本名水百選にも選ばれていて、池の水は澄んでいて、吸い込まれそうなほどです。

深いけれど、どこまでも澄んでいて、水色の池の底が異次元へ続いているような、そんな

気持ちにさせます。

手打ちそばを買って、今度は羊羹で有名な「とらや」へ・・

そこで、本物そっくりのリンゴの生菓子とぎゅう皮でできたお菓子と、黄粉とあんこがおいしそ

うな生菓子をほんのちょっと奮発して3っつだけ購入して・・それから、

帰路につきました。

そ~です。河口湖の周辺はハーブ館などいろんな見どころがあるみたいでした。

ゆっくり、一泊でレストするつもりでゆっくりした時間を過ごすのがBESTかも・・

なんて思いました。また、来てみたいと思いました。

こんな風に、冬が来る前の紅葉の時に・・

気がつけば、朝霧で黒糖入り生姜や、前から気になっていた体に良いというキクイモ、

大根におねぎ、こだわり胡麻、それから、ハーブ園で香りの爪のお手入れの透明のマニュ

キュアなど購入し・・楽しい時を過ごしました。

富士山の周りをぐるっと一周し、いろんな角度からいろんな表情の富士山を見ることがで

きたのもよかったです。

大きな自然の中で、癒された優しい一日でした。

最高

最高
最高
最高

快晴のち曇り

快晴のち曇り
快晴のち曇り

2010年11月18日 (木)

はじめて・・

10日位前に酒やのおじさんが、

「久しぶりだね~

 前は毎日来てたね~」

なんて・・大酒飲みではないんですよ・・

缶チューハイ1本のペースで・・はまると続きます。

なにせ、いつものスーパーのお隣に並んでいるので・・

「赤ワインがいいらしくてね~ボケだか、脳梗塞だかにいいとかって、有名な先生が

言ったらしくてね~、売上倍増してるんだよ・・」

「へ~」

「僕は甘いのが好きだけどね~」

「私もフル―ティーな甘い赤ワインが好きだな~、スパークリングワインも・・」

なんて、お酒に詳しくないのにワインは気持ちよく酔えるので好きです。

ボジョレヌーボー解禁になりましたね・・

近年は、ペットボトル入りの安価な物も出回って、美味しいお料理とともに、飲みたいです

よね~

でも、贅沢ですね~最近はランチだって食べてないな~

韓国料理のお店には、たまに行くけれど・・フレンチもイタリアンもレストランに入ってい

ない・・また、美味しいお料理をたまにはた食べに行きたいなぁ~

今日は、初めての絵のお教室に行ってきました。

水彩画から入るけれど、今日はお人形とお花を描いて終わりました。

2時間なんてアッと、言う間で・・皆さん先日スケッチバス旅行に行ってきたらしく

紅葉が綺麗な風景を描いていらっしゃいました。

もう、永い方は8年もやってらっしゃるようで、なかなかお上手でした。

私も楽しく続けたいと思ってます。

今日はデッサンしただけで、色はつけなかったけど次回が楽しみです。

明日は、富士山の近くまで食推協の研修バス旅行で出かけます。

忍野八海にも行く予定・・それから、朝霧高原でバター作りだか、チーズ作り体験もあっ

て、牛の乳しぼりはなんだか、あんまりやりたくないんだけれど・・(怖い気がするから)

お昼もそれなりのメニューを役員さんが考えてくれるので、ちょっと楽しみです。

では、お腹がすいてきましたから・・今日のところはお終いにします。

また、明日、帰ってからご報告いたします。

ところで、ダイヤモンド富士って、いつ、どのあたりから見れるんでしょうか?

富士山の近くまでいくので、ちょっとそんなこと考えました。

今の時期、運がよければ、帰りがけ見れないのかな?方角が違うのかな?

2010年11月17日 (水)

考えさせられる・・

裁判員裁判になって、初めての死刑判決が下されました。

人が人を裁くということ・・生死を決めると言うことは、本当に難しいと思います。

あえて、事例を作るという行為であって、加害者本人のこころにどのくらいのものを与え

被害者や家族にとって、どのくらいの償いができるのか・・と思うと、わかりません。

判断を下した方にも大きな心の葛藤があった、そして、心のどこかに、傷を残すことも

考えられます。

とにかく、人が人を裁くということは計り知れないほどの重みがあると思います。

さて、今日は曇り空で午後から雨かもしれません。

昨日よりは暖かいみたいです。

いろんなことがあります。

生きてくって大変・・って、年をとってくると自然に生まれてくる気持ちでもあります。

体力的にも枯れていくという感じで、寿命をまっとうするのでしょうか?

若い人でも、心や体の病で短命の方もおれば、突然の想定外の事件や事故に巻き込ま

れて、命を落とす人もいます。

人の力ではどうにもできないことに直面すると、目にみえない力や、神様を思います。

人の人生や命の重み、短い人生の中にも・・考えれば何か意味があるように思います。

そうかと思えば、家族や親しい人の辛い状況を見ずにあの世に逝ったのかと・・思える方

もいます。神様が連れて行ってくれたのかな・・なんて思えるような・・

そういう意味では、自分が乗り越えられるだけの試練を神様は与えてくださる・・と言えま

す。

人生には消しゴムはない・・と言います。

と、いっても私は大概のことはやり直しがきくと思いたいです。

でも、人に危害を加える、とりかえしのつかないことだけはイケナイと思います。

それは、他人を傷つけるだけでなく、すでに当人の心を蝕んでいる悪だったり病であるか

のように思います。

そういう意味では、人を傷つけるということで自分をも傷つけているとも言えると思うのです

自暴自棄になったり、他人を傷つける人は自分をも大事に出来ない人だと思います。

人は生まれたばかりの時は、きっと、みんな同じ真っ白な心を持って誕生するでしょう。

授かってきた遺伝子によっての出来、不出来もあるでしょうが、

自分らしく生きらられれば、それでいいと思います。

心の持ちようでどうにでもなるように思います。

心身ともに健康で心の目が曇ることのないように精一杯生きるだけです。

2010年11月16日 (火)

さむ~い

今朝はかなり冷え込みました。

いよいよ冬の到来でしょうか・・

冷たい風が吹き、空気が乾燥します。

私は、ここ一週間余り、涙眼になってしまい、眼の周りがくたびれているような状態になって

ます。

このままだと縮緬皺ができてしまいそうで・・年のわりにはお肌も若いと言われているのに

台無しです。

これからの季節、乾燥するし、手足もかさかさになりがちですよね・・

特に主婦は水仕事もあるし、尿素配合のクリームなどつけて気をつけたいですね。

私も家事でも仕事でも手を使うので、白魚のような指・・といかなくても、ごわごわの疲れた

手先にならないように・・と思います。

かと言って、何にもしないお姫様の手にはなれませんが、最低限、美しい手を保ちたい

・・なんて思います。

お肌にはヒアルロン酸とか、セラミドとか配合された化粧水やクリームが乾燥からもお肌

を守り美しく保ってくれるようです。

なんて、あまり、高い化粧品に凝るタイプではないので、身綺麗にいたいというのと

自分らしければいい・・と思って、それなりにしてます。

ま~、内臓疾患からもお肌の調子にでるから、気をつけたほうがいいのは確かです。

これからの寒い季節、冷えと乾燥には気をつけて、風邪をひかないように、

手洗い、うがいをし、首元にはマフラーやスカーフで温め、もちろん足元も冷えないように

しっかり防寒しましょう。

そして、まずは「火の用心」に気をつけましょう・・

2010年11月15日 (月)

やれやれ・・

やっと、ひと段落しました。

と、いえども、明日また静岡へ・・

あさっては、やっとお休みになります。

そして、しあさっては、初めて絵のお勉強に2時間程時間をもらって出かけます。

昔昔、幼少の頃、絵の教室には通った事があるけれど、大人になるまで、特別の勉強を

したわけでもなく(ちょっとデザインの勉強をかじったことがあるくらいです。)

一昨年、忙しい最中、定休日にお稽古がある「トールペイント」を少し習っ

たけれど、仕事も忙しくなり、友人がやりたがっていたもので、私はそれほどでもなかったの

に、お休みにあるお教室というだけで始めたので感性にあわずやめました。

永くならっていれば、それなりに、個性が出せる作品ができるでしょうが、

べた塗り的な作業になんだか自分にあっていなくて、可愛い小物の作品をいくつか描いて

みましたが、いろんな事情が重なってフェードアウトしました。

今度は自分が望んでいたものなので、永くつづけられたらいいなあ・・と思っています。

前回、お教室の方々は貸し切りバスで日帰りスケッチに出かけたようでした。

私もいかが?とお誘いありましたが、仕事上無理だったし、初めてではちょっと大変かな

・・と思って遠慮しました。

今月末には、今度は先生が日展に入選したので作品を鑑賞しがてら、お稽古とは別に、

東京の美術館まで皆さんで出かけるらしいです。

私は今回もパス・・残念ですが、今月は視察やら、研修やらで日帰りだけどお出かけの

予定があるし、来月頭には父の喜寿のお祝いの一泊旅行もあるので、これ以上予定入れ

たら、怒られちゃいそうです。

だから、次回におつきあいしようと断念しました。

それより早く自分が思うように絵が描けるようになれたらいいなあ・・と思います。

昨日までは、イベント企画でしたが今回まずまずだったので良かったです。

といえども・・

それなりに、厳しさはまだまだ続く流れだから、常にボ~としてられないなぁ・・と思って

ます。努力すれば、それなりのことはあるからやはり、いろんな流れを察知してはずれな

い企画を実践していかなくては・・と思います。むずかしいし・・多くを望んでいるわけでは

ありませんが・・そこそこいけないと困ります。

・・と、いっても人まかせにするのでなく、自分でできることは、なるべくプロに近いレベルで

自分でこなせるのが一番いいんでしょう、大きな会社や大きな仕事ではありませんから、

お掃除のおばさんから、企画係から、販売員から・・なんでもやらなくては・・

でも、楽しさもあるから、ま~頑張ってこうと・・思います。

Nov・15 神との対話 (365日の言葉)から

 あなたは求めるものを

 すべて得られはしなかったと言う。

 だが、神は、

 あなたがつねに求めるものを得てきたと言う。

 人生はつねにあなたの思考の結果だ。

  

2010年11月13日 (土)

立場を転換・・(菜根譚から)

喩えとして、なるほど・・と思ったことから

「高い地位につくと自分では気付かないが、低い地位にいて、初めて高い地位に登りつくこと

が、いかに危険なことであるかわかる。また、暗い処にいて、初めて明るい処に出ることが、

あまりにも明らかに現れすぎることがわかる。

これと同じ道理で、静寂な処に閑居していると、初めて世間的な活動にあくせくしていること

が、いかに徒労であるかがわかる。

また、沈黙をまもっていると、初めて言葉数の多いことが、いかに騒がしいことであるかがわ

かる。」

毎日、良い月がでています。

すっきりした三日月がだんだんバナナのように膨らんできて、もうすぐ半月になります。

TVでは紅葉も美しく、今まさに、全国的に紅葉の中、秋が深まってきているんだろうな~

なんて思います。

19日には富士山の近くまで出かける予定があります。

その頃は・・モット、寒くなっていて、冬に姿が変わっているかもしれません。

へとへと・・

今日も一日ご苦労さん・・と、自分にいってみる。

この3日間、そして、明日までお店の年に2回の大きな売り出しがあって、とっても忙しい。

ありがたいことに、お天気にも恵まれ、日頃の行いが良い?せいか、日ごろの忍耐がよい

せいか?今回は苦戦をしいられるという予想を反してまずますです。

ホント、日頃の努力と、準備がよかったと・・喜んでます。

何事も準備が大事でしょう・・とチラシ広告から、DMなんかも、やっぱり上手下手があるだろ

うから、今回はま~合格点だったかな、なんて、自己満足してます。

いつも、後手後手で・・こんなちいさな職場でもコミュニケーション不足か、歩調が合わず、

「後の祭り」ということが多かったから、今回はどうしても、結果オーライに持ってきたかった

ので、少し言いにくいこともいい、ちょっとでしゃばってみたところがよかった・・と思います。

なんでも、目的を同じにするものは、時に意見が違っても、相手の良いところは認め、譲る

ところがないと、うまくは進めない気がします。

だから、今回は、うまく進んで、それが数字にも表れているのでホントに嬉しいです。

もちろん、昔的な、爆発的なことはないけれど、なんか、皆さん、楽しいことを待っているの

かな~なんて、思いました。

大手のようなことはできないけれど、それなりのこだわりと、タイムリーな物を取り入れた

ことと、やっぱり、日頃、家のお店を信頼してくださっている人、何かあったら行ってみたい

・・と思っていた方が来てくださったのかな~なんて感謝してます。

先週から、いろいろ早起きを続けなくちゃならなかったり、遅くに会合があったり、

色々神経使うこともあって、やっと漕ぎつけたこの4日間・・やっぱり、苦労あれば、

良いこともあります。よかった~・・

そして、先日ブログの講習会もありましたが、私みたいに基礎知識が足りないのは

やっぱり有効に仕事上は生かせないので、もう少し勉強しよう・・と思いました。

後は、本人の努力次第、センス次第でもっと広がるんだろうと・・

このブログは自己満足の日記的なものですが、仕事もしっかりセンスよいページを作る

べきだと、今、感じてます。

仕事上のページは担当でないので、退いてきましたが、携帯から投稿することは、以前

やってきましたが、その他はお任せだったので、このさいちょっと、自分の枠をいかせるよ

うになんて思ってます。まずは、自分のできることをやる・・

後、一日、売り出しイベント残ってるので、頑張ります。

2010年11月10日 (水)

いろいろ・・

昨日は朝から強風で、洗濯物を心配しながら干していました。

全国各地でも、強風で交通手段などに影響が合ったみたいですね。

今朝も冷え込みましたが、今日は風もない良いお天気で、しばらくこのお天気、続きそうなの

でよかったです。

あさってから、お店の年に2回の大きな売り出しがあるので、忙しくなる予定です。

本日はせっかくのお休みですが、午後からお勉強会があって出かけるので、午前中は

雑用を済ませなくてはなりません。

ここのところ、忙しく、かたずけも出来ずストレスがたまりそうです。

・・といっても、頑張り過ぎると続かないので、片目つぶって毎日がまわってます。

今、役員決めも進んででいて、次年度に向けて動いてます。

私の所属するブロックも、やっとこさ決まりそうなのでよかったです。

他のブロックも会合を開いて進んでいますが混戦しそうです。

うまく決まらないと、来月行われる名ばかりの選挙もづれ込んでしまいます。

選挙も意味のないものだと感じているので、来年度にはこの制度を変えてもらうよう

提案していくべきだと思っています。

組合員さんも少なくなっていることだし、動ける組合員さんも少なくなっているので

いろんな意味で私達の組織も変わり目にきていると思います。

役員の仕事も簡略化し、役員を引き受けやすくし、重要部門は違った動ける部会式にして

いかないと、一部の方だけが大変な思いをし、お任せ状態で退いていってしまうし、片や

手も出せずに悪循環の組織になってしまっています。

やってる人もやっとこさ、感謝されるわけでもなく・・人の輪も持てずにつまらないですよ

ね・・

それだけ、自分のことで精いっぱいで心にも余裕がない人が増えています。

いろんな、人間関係の悪いしがらみがあったようだけれど、そんなこと言ってる場合じゃな

いでしょ・・ってとこにきています。

散々、提案してきたこと・・任期、後、半年というとこで、や~っと皆、重い腰を上げる気

運になってきたみたい・・

自分の身に降りかかると思えば、皆で協力できるようにする体制を作っていかなくては・・

大変です。誰かがやってくれる・・と思っているのでイケナイんですよね。

指示を出す人はいても、動いてくれる人があってこそなので、偉いことだけ言っている人は

ダメです。皆がついて来てくれません。

あまり、むずかしく考えなくても、楽しんでお役目をこなせるようであれば、うまく進められる

じゃないかと・・思います。

2010年11月 9日 (火)

煙草はやめられないらしい・・

10月1日に煙草の値段があがったのを機会に煙草を断とう・・と試みている方が多いよう

ですが、すでに、2割の方が統計では禁煙を断念したのだそうです・・

私は、煙草を吸ったことがありませんが、百害あって一利なしといいますから・・

体にはあまり良いとはいえませんね・・

ただ、ストレス解消になったりする?のでしょうか?

禁煙が続かない理由はイライラするとか、もらい煙草が誘い水になっちゃったとか・・

ま~、後の8割の方がまだ、頑張っているんですから、是非とも続けられることを

お祈り、応援しております。

血液も汚れるし・・私の父は永年のヘビースモーカーが祟って肺を患っています。

人間は息ができなくなると死に至りますから、単純に、リスクが高くなります。

でも、なかなかやめられないみたいですね~

父も十数年前に病をきっかけに、ぱったり、やめました。

煙草の値上げごときで好きな人はやめられないでしょうね・・

人生、好きな物食べて、好きなように・・という考えの方もいますから・・

私もある意味賛成ですが、入院生活を余儀なくされることがないように、なるべく人のお世

話にならないように、自己管理はしなくては・・辛いことになります。

くれぐれもお大事にしてくださいませ。

2010年11月 7日 (日)

立冬・・

新暦の11月7,8日頃。

そろそろ冬の気配が漂いはじめる。

日一日と、昼が短くなり、夕暮れになると、あっという間に陽が落ちる。

北国からは、ちらほら雪の便りも。

「立冬や花には花の飢えがくる。」 現代川柳・神田格

今日は「立冬」らしい日でした。

薄日で寒く、昨日は日中は暖かく秋の良き日でしたが、今日はやはり、寒い冬の入り口を

感じる一日でした。

静岡では大道芸ワールドカップの最終日、私の地域ではコミュニティー祭など小学校の校庭

で行われていました。

そ~それから、全国レクレーション大会なるものが静岡県で行われていて、各地でいろんな

チャレンジ催しが開催されたようです。

私の街ではいくつかのウォーキングコースを歩く方々が商店街も歩いて行かれました。

角のポイントでは「利き酒」ではなく、「利き魚」?、冷凍マグロ水揚げで有名な港を持つ

我が町ですから、お刺身の食べ比べ、銘柄当てを試みていました。

皆さん、どれくらいの方がわかったのか・・

私もダメもとでチャレンジしてみたかったな~

でも、エントリーしている方だけの参加みたいでした。

いろんな催しがありますが、お金をかけずに散策するものは、今の時代に合っているから

中高年の参加がホントに多いです。

皆さん、お仕事も少しひと段落された方の参加が多いですね。

私も、早く、そういう自由な時間を満喫したいと常々切望してます。

少しづつ、ぼちぼちね・・時間作って・・

今月から、チャレンジ1として、絵の教室に行くことにしました。

前々から、思ってたけど、なかなか実現できなくていたのですが、良いタイミングで

教えていただく先生にたどり着いたので、何かの縁かと思って・・

我がまま言って、定休日ではないのですが、月2日ほど2時間のお稽古の時間を

いただくことができました。

とりあえずのお道具も昨日揃えたし、楽しみです。

ホント、初心者ですが、今から・・ぼちぼち、永~く続けられたら・・と思っています。

いつか、ずっと先に、お見せできる作品が描けるようになったらブログにも登場するかも

しれません。

ま~、ず~っと先です、きっと。

来週は忙しい日々が続きそうです。

寒くもなってくるし、風邪ひかないようにしようと思います。

皆様、冷えにはくれぐれもご注意を・・

体温を上げることによって免疫力も上がるといいます。

これからくる北風さん、に負けないように元気にいきましょう!

秋の水   (暦の本から・・)

秋の長雨が終わると、川、湖、渓流、沼などの水が不思議なほど冴えわたる。

秋の水の澄みきった風情に、たとえられるのが「三尺の秋水」。

一点の曇りもない名刀のことである。

また、紅葉を映しだす澄みわたった湖や沼の姿は、さながら磨き込まれた鏡のようでもある

「照る月の光さえゆくやどなれば秋の水にもこほりゐにけり」  金葉集・摂津

海も独特の風情がある。夏の間、あれほど賑わいを見せた海も、この時季になると

嘘のように人の気配が消失する。

沖合からうねる波も、夏に比べもっと遠方から、その分やや力を増し、多少勢いがある小波

が水辺に粛々と打ち寄せる。

水も透いて、藻や魚が海底近くでのんびり揺らいでいる様子がはっきり見える。

この時季、水鳥たちが獲物を狙い、静かな海面に漂っている光景をしばしば目にする。

「秋海のしずけさ山にかよふなる。」   滝春一

楓・・(暦の本から)

紅葉の季節。

モミジは赤や黄色の葉が変化する落葉樹の総称。

その紅葉する木々の中で、もっとも美しいとされるカエデの異名でもある。

カエデやツタの葉が黄色に色づく頃。

「黄葉中目つむりをりて鳥語聴く」        島村利南

カエデは世界中でおよそ2百種、日本では20種。

いろは楓がその美しさで特に知られる。高尾楓とも。

ほかに板屋楓、羽団扇楓、縮緬楓、葉楓、唐楓などが見事な紅葉を見せる。

「秋ふかくかへで全身もみぢしてこのはげしさはこゑ伴はず」   水行・高野公彦

カロチノイドという色素が葉を黄色に、アントシアンという色素が葉を赤く染めあげる。

寒暖の差、また気象条件によって色の染まり具合はばらつきがある。

気温が高めの日が続き、それが急激に落ちこむと、徐々に気温が低下するときに比べ、

色はずっと鮮やかに。

葉が色づくのは落葉の前兆。

   「仇な嵐に散らない操

    染めて見せたる夕紅葉

     木々の梢に未練の色を

        思い残して秋は行く」           古典都々逸

2010年11月 6日 (土)

紅葉狩り・・

今日は秋晴れ、紅葉狩り日和だとか・・

私の周りの紅葉はどこ?あるべくところにいかなくちゃ・・見られないかナ・・

気持ち良い季節ですね〜

オレンジ色の太陽がエネルギーをいっぱい降り注いでくれています。

「おはよう〜一日が始まるよ〜」って、昇っていく太陽には、元気をもらいます。

ところで、「小春日和」という言葉がありますが、小春とは旧暦で10月。

11月から12月上旬にかけて春のようなぽかぽかした陽気になる時があります。

そんな、お日様の光が体に優しく染み込んでくるこの頃の陽気の日を「小春日和」といいます。

「紅葉狩り」と言えば・・

京都嵐山の渡月橋上流で「嵐山紅葉祭」が11月の第2日曜日に

行われるそうです。

日本舞踊舟、筝曲、小督船などの芸能船を浮かべて紅葉狩りを楽しむのだそうです。

風流ですね〜

いつか、行ってみたいな〜

「紅葉の山を黒める夕からす」          江戸川柳

「「水音とつかず離れず紅葉狩」         五島比奈夫

2010年11月 5日 (金)

疲労について・・

疲れについて、わかりやすい解説があったのでここに記します。

疲れの原因となる5つのストレス

   ・ 人間関係や仕事上感じる精神的なストレス

   ・ 過重労働などによる身体的なストレス

   ・ 紫外線や騒音などによる物理的なストレス

   ・ 化学物質や残留農薬などの化学的なストレス

   ・ ウイルスや細菌感染などの生物学的なストレス

 「ストレスを受けると、まず、免疫力が落ちます。するとヘルペスに代表される、もともと

  体内に潜伏するウイルスが活性化。

  体はこれを抑えようとインターフェロンなどの体を防衛する免疫物質を産生します。

  これらは、ウイルス抑制には効果的ですが、脳には悪影響を及ぼし、脳の神経系統

  や内分泌系統の働きを乱してしまいます。」

疲労には生理的な疲れと病的な疲れがあるそうです。

生理的な疲れは、睡眠を十分とったり、2,3日ゆっくり過ごせば次第に回復しますが、

長時間眠っても、お休みに充分休養してもすっきりしない、仕事が気になったり、

心配ごとで眠れない,不眠が続くなど、心身に異常が起こっているのに、本人

は「私は元気!」と思いこんでいる・・そういうのは、病的な疲れなのだそうです。

いつか、突然倒れてしまう可能性がある・・というから、過信しすぎも怖いですね。

夏の疲れか、気候がよいせいか、最近ホントによく眠れます。

「疲れをためないように、気をつけましょう!」

  

   

2010年11月 4日 (木)

風邪が流行りはじめました・・

11月に入り、朝晩は大分涼しくなりました。

涼しいんじゃなくて、寒いというのかな・・

それでも、日中は結構暖かく、少し動くと汗ばむので、上着を着たり、脱いだりです。

12月には、また、寒~い冬になるとか・・

今年は酷暑だったから、今度は寒さも極めるんでしょうか・・

寒いのもイヤですね~布団から抜けられなくなってきます。

今年は父が喜寿の祝いの年で、夏にお祝いの旅行を計画していたのですが、

少し不調だったのが、検診で、即入院の運びとなり2カ月近く病院にいました。

母も3月下旬に骨折し、3カ月も入院していたので、この夫婦にとって、まれにみる病院づい

た年でした。私も母が入院している時は、実家との二重生活で、今思うと良く回ってきたもの

です。

両親にとっては、長い人生、夫婦別々に暮らしたことなどなかっただろうから、

お互いのことや、今後、お互いに生活のサーポートをしなくちゃならないって、少しは覚悟

したんじゃないかと思います。

というか、お互いに面倒みてもらうのだから、相手に優しくならざるをえない・・そんな風に

思います。

周りの家族、私のとこ、弟の家族、お友達やご近所関係、いろんな人間関係が見えて

来て、頼るべき人、頼りになる人、頼っちゃいけない人などいやでも、見えてきちゃう・・

そんな風に思います。

自分のできること、してあげられることの範囲もあるし、お互いに持ちつ持たれつだとして

も、負担が多すぎると続かないし、気持ちよい関係でいるのは、やっぱり、お互いの思い

やりでしょうか・・なんて、思います。

ところで、やっと、両親とも元気がもどったので、喜寿のプレゼントに伊豆に家族旅行に

出かけることになりました。12月の頭に出かけます。

私の友人のホテルに泊まり、あちこち回らず、ゆっくりできる旅にしようと思ってます。

多分、初めてで最後の旅行になるかもしれません。

今までの人生、高度成長時代で、超忙しい時代に走り続けてきた夫婦に、育ってきた私達

兄弟・・私達家族は商売屋だし、不自由しなくてもゆっくり家族旅行することなんてなかった

から・・ゆっくり、良い想い出となるよう過ごしたいと思ってます。

みんな、いい年になった、、ということですね・・

2010年11月 3日 (水)

秋 ?

秋
秋

S P 観てきました。
岡田君がなかなかカッコよかった〜

長生きの秘訣

先日、サライにあった記事でわかりやすくて、とても、良いな~と思ったものを記します。

杉田玄白といえば、「解体新書」で有名ですが、それ以上のことは良く知りません。

その杉田玄白が子孫に残した「養生七不可」、長生きの為にやってはいけないこと・・

不可のひとつにあげられている房事過多は、過多だからイケナイだけで、お年になっても

恋心はあったみたいですから、いつまでも気持ちは若く、気の合うお友達と積極

的に出歩き見聞を深め、自然に親しむなど、楽しんで充実した日々を送られたようです。

      ・ 過ぎてしまったことでくよくよしない。

      ・ 先のことをあれこれ心配するな。

      ・ 暴飲暴食を慎め。

      ・ 素性のわからない物は食べるな。

      ・病気でもないのに薬を飲むな。

      ・元気だからといって房事過多はいけない・

      ・ずぼらを決め込むな。

 これは、玄白が古希の前年の祝いの時に子孫に書き記したものだそうです。

生まれつき、虚弱だった杉田玄白ですが85歳という長寿を全うすることができたのは

この7つを心がけておられたのでしょう・・

2010年11月 2日 (火)

晴れ・・

今日は青空が広がる良い一日になりそうです。

朝晩、大分寒くなってきましたが、日中は、少し冷たい風が気持ち良い季節です。

毎日が、職場との往復がほとんどで、身近な小さな秋も、見落としてしまいそうな、

慌てた生活のテンポで、イケナイな~と思ってます。

今TVでソフトバンクの「お父さん」「次郎」が、ぼやいたり、怒ったりしてます。

一番、お父さんがお父さんらしくて・・面白いCMです。

一昨日、本を読んでいたら、砂漠について書いてありました。

ゴビ砂漠って固有名詞かと思いましたが、砂や小石、土が混じった砂漠のことで、

流砂というのは砂の砂漠だそうです。

昔はラクダでしかこの砂漠を横断することは手段がなかったでしょうが・・

このラクダは一週間飲まず、食わずでも大丈夫な持久力がある生き物だし、

砂漠に生きている、数種類の生物や植物の中でラクダ草などという草があり、ラクダしか

食べられないそうだから、ラクダって、天から授かった生物なんでしょうね・・

おまけに、ラクダ草にはとげがあって、血を流しながらこの草を食べるなんて・・

ラクダという生き物は、サバイバルな生物だな~と・・どんな性質なんだろう・・なんて

思ってしまいました。限りなく続く砂漠、灼熱の太陽に、熱風・・

そして、生物の屍のみが、存在や位置を示すものみたいだから、「果てしない」という言葉

の意味を感じ「気の遠くなる」・・そして、「陽炎」を「幻」をみるかもしれない砂漠・・

そんな、痕跡を信じてルートを進むしかない三蔵法師は天竺への旅に、無や空の境地に

なって、ひたすら進んだのだろうか、なんて考えました。

2010年11月 1日 (月)

今日から11月・・暦の本から

霜降の二候は11月に入る。

「あはあはしきしぐれなるかな

 かたかは町の坂みちのぼり

 あかるみし空はとながむれば

 はやも片道あたり

 しぐれけぶりぬ」  

               11月初旬 ・室生犀星

11月は旧暦で「霜月」。霜が降りる月。

「霜月や日ごとにうとき菊畑。」   虚子

今月は私も忙しくなってきます。

役員決めの会合、勉強会、中旬には食推の研修バス旅行、もうひとつ研修のお誘いも

あって、もうすぐ、お店の企画売り出しもあるので・・テンションあげていきたいと思ってます

重なる時は重なるもので・・気をしっかり持って、そして、楽しみながら進みたいと思って

ます。そんな余裕あるかど~か・・

今、TVで、「茹で卵を作る時、塩を入れると崩れにくい」・・とバラエティーで流れてました。

7割の方が実践してるそうです。ちなみに私も・・

塩をいれると浮力が増すので、鍋にぶつかりにくくなり、綺麗に茹で卵ができる・・

ということです。

理由までは知らなかった。

ちなみに、カタ茹で卵は沸騰してから12分でできます。皆さん。知ってますよね~。

それから、卵ついでに・・

黄身と白身どっちが、ヒヨコの体になるか知ってますか?

・・・・

実は白身の部分がなるそうです。最後に栄養いっぱいの黄身の部分を食べて

できあがるんだそうです。

なるほどネ・・ですね。

では、今日も良い一日を・・

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »